実録修羅場まとめ


小学校~中学校までいじめられていた私。 
小学校から中学校に一緒に来たいじめっ子もいたので中学からは女子からもいじめられるように。 
当然親に心配させられないし、先生にも言うのをためらっていた。 
何度も何度も自分が死んだらみんなは喜ぶのだろうかと悩んでいたくらいで。 
その中で私が選んだ復讐(?)は「休まないこと。」 

【小中にかけていじめられていた】の続きを読む

十数年前、事故で入院した同部屋に、どこからどう見ても聞いても「クソトメ」な 
おばさんがいた。お見舞いというか、身の回りの世話に通うお嫁さんを 
人前にもかかわらず酷い言葉で詰るわ、手を上げるわ。 
それなのに同部屋の患者は見て見ぬふりだし、私がナースセンターに言いに行っても 
なんでだか煮え切らない態度と物言い。不思議に思っていたら 
そのクソトメは、そこの病院(大き目だけど個人医院)の元ナース長だ、と。 
現役時代からヒステリックで有名だったらしい。 

【事故で入院した同部屋】の続きを読む

中学校の時、優等生のAにいじめを受けていた。 
そいつは中学生の割には頭が回る奴で教師の前ではいい子ぶる上証拠を上手く隠していやがった。 
おかげでこっちが教師に文句を言っても「Aがそんな事をするわけないだろ!」と言われ相手にされなかった。
在学中に教科書を破かれたり志望校に送る内申書を隠されたり便器を舐めさせられたりトラウマを植え付けられて卒業。 

【優等生のAと教育実習で再会】の続きを読む

中学高校とすれ違う度に複数人にキモいと言われ続けて、高3で精神崩壊して中退した。今は高認取ってそこそこの大学に通ってる。 
去年の夏休みに実家に帰る途中の電車の中で、中高一緒で俺にキモいと言い続けた奴が前の座席に座ってた。 
俺は大学に入ってから20kg近く痩せたから相手は気づいてないようだった。相手はいかにも田舎のヤンキーみたいな格好してユニクロの袋にペットボトルとか入れて漫画読んでた。 
その時点で少し恨みも減ったけど、何かやり返さないと気がすまないと思ってたら相手が降りてしまった。

【俺をいじめていた奴】の続きを読む

結婚も考えていた、4年間付き合っていた彼氏に浮気されていた。 
っていうか私が浮気相手だった。 
本命は遠距離恋愛中の彼女で高校時代から付き合っていて、結婚はその人とするつもりだったらしい。 
別れる時、「だって本命とは別に近場で彼女も欲しいじゃん。遠距離だからあんま会えなくてヤれないし」 
と言ってきたので頭に来て復讐を決意。 

【4年間付き合ってた彼氏が浮気】の続きを読む

正月に知った出来事。 
ちょっと残酷なシーンがあるから、いやな人は読み飛ばしてください。 
私の婚家はど田舎。母屋ではヤギや軍鶏を飼ってるし、庭に鴨のいる池もある。 
敷地内別宅住みで、生き物が苦手な私は、その辺には近づかないんだが。 
一番驚いたのは、夏の子ども会のラジオ体操を家の庭でやること。 
庭と言っても塀がある訳じゃなく、裏山や道と続いてる感じなんだけど 
それでも庭でラジオ体操???ってビックリだった。 
旦那いわく、物心ついた時には庭でやってた、そうだ。 

【すぐ保健所で殺処分にしろ!】の続きを読む

ある週末、義兄嫁に呼び出されたので旦那と一緒に義実家へ行ったら 
笑顔で出迎えてくれた義兄嫁と一緒にいた義兄の頭が悲惨なことになってた…。 
フサフサだったのに温水さんが水に濡れたみたいな頭だった。 
ポツポツと血が浮いてたのがね、もう怖くて怖くて…。 

そしてリビングに移動したら義兄の髪の毛と義両親が土下座して更にカオス。 
呆然とする私と旦那に義兄嫁が義兄の残り少ない髪の毛を毟りながら懇切丁寧に説明してくれた。 

【義兄の頭が悲惨な事に】の続きを読む

当時外資系の会社に勤めていたときに有名な不倫カップルがいた。 
上司既婚♂部下独身♀で、見せ付ける勢いでお互いいつもベタベタ&公言 
していたのでみんな知っていたんだけれど、部下♀が同僚と結婚することが決定。 
不倫上司の宣伝によると、部下が妊娠したので、彼女にべた惚れだった同僚に 
お腹の子供ごと押し付けたとのこと。 
彼女も同僚も了解済み。 

【会社の有名なフリンカップル】の続きを読む

現在私の家は私達夫婦と上二人娘の少し離れた息子の五人家族 
うちの旦那の家庭は絵に描いたような膿家(非農家系)の次男、まともに育ったことが奇跡。 
案の定膿家お得意の長男教で育てられた跡取り息子の義理の兄は40手前で独身だった。 
そんなある日、義兄に地元の有力者から娘を嫁にやるという縁談話が来た。 
しかし、その縁談には有力者の跡取りにうちの長女(当時小学生)を嫁に渡すという交換条件付きだった。

【地元の有力者から】の続きを読む

かなり前、近所のAさんがママ友Bの子供5歳と3歳を泊まりで預かってた。 
Bの実家で不幸があり、急いで行かなければいけないとの事で 
B子もここにいる様なクソガキではなく、 
大荷物抱えて慌てているBに同情して預かったんだと。 
ぐっと寂しさをこらえて慰め合う幼い兄弟に涙目。 
そして何事も無かったように1日過ぎ、Bは無事子供を迎えに来た。 
んで「○日にもどうしても行かなくちゃいけないの… 
ごめんね、その日もお願いしていい?」と疲れ切った顔でお願い。 
もちろんAさんは快諾して終わり… 
とは行かなかったw 

【空港で満面の笑み】の続きを読む

このページのトップヘ