実録修羅場まとめ


愚痴を聞いてください。

今年四月まで住んでいた家は伯父所有の亡くなった旦那祖父母が住んでいた家。

伯父は自分の一戸建てがあるが、売り払うのも祖父が晩年にリフォームして数年も経たないうちに亡くなったのでもったいない。

それで結婚予定の旦那に借りないかと打診があり、伯父大家で賃貸契約結んで家賃支払って来た。 【叔父のマンションと義弟妹】の続きを読む

愚痴を聞いてください。

今年四月まで住んでいた家は伯父所有の亡くなった旦那祖父母が住んでいた家。

伯父は自分の一戸建てがあるが、売り払うのも祖父が晩年にリフォームして数年も経たないうちに亡くなったのでもったいない。

それで結婚予定の旦那に借りないかと打診があり、伯父大家で賃貸契約結んで家賃支払って来た。 【叔父のマンションと義弟妹】の続きを読む

義弟嫁実家の自営が破たんして破産宣告され、婿養子に入っていた義弟に多額の負債が多い被さったので、義弟が自己破産するそうだ。

そうすると地元の有名お嬢様学校の小学部と中学部に通っている姉妹が通えなくなるので我が家の養子にしてくれと言って来た義弟嫁。

長男嫁なのに小梨なんてぷぷっぷと人前であざけり、子供ってこ~んなに可愛いに味えないなんてなんて不幸なんでしょと私に聞こえるように、義弟と話すなどなど数えきれないほど嫌がらせを繰り返して来て、なぜそんなことを頼めるんだよ。 【自己破産した義弟家族】の続きを読む

一人暮らししてる兄から、仕事が忙しくて汚部屋で死ぬとSOSが来たんで当時学生で暇だった私が、2泊くらいで恩を売りに行ったら兄の彼女に浮気相手と思われて、初対面でバッグで殴られて金具で耳と頭皮がザックリ切れて救急車を呼ぶはめになった。 【兄の部屋にきた彼女】の続きを読む

同じ社宅の旦那さんが事故で急死した。

家族は奥さんひとり。40代半ば。(Aさんとする)

どういう金銭感覚で暮らしていたのか知らないけど貯金もなければ生命保険にも、車を運転しているのに自賠責にも加入してなかったらしい。

しかも自損事故なので相手から貰えるものもない。 【泥未亡人】の続きを読む

オレ嫁とオレが婚約中、勘助と結婚すると噂をばらまかれた。

長いけど、聞いてくれ。

オレ:当時31歳。海外出張が多いリーマン。

嫁:オレの嫁。当時29歳。人口数千人の小さな地方自治体役場勤務。見合いしてオレと婚約中。

嫁父:オレ嫁の父。極普通のリーマン。

上司:オレ嫁の上司。町役場勤務

勘助:役場に出入りする業者の作業員。

勘助母:農家

雇い主:勘助の雇い主。

オレと嫁は見合い結婚。 【俺と嫁と勘助】の続きを読む

もう五年前くらいの出来事、当時私は高校生だった。

向かいには私よりひとつ下の女の子A子がいる家があって、家族ぐるみで仲が良かった。

幼い頃から一緒だったし、姉妹みたいなもんだったと思う。

私が中学時代に同級生に苛められた時も、A子は毎日校門の前で待っててくれて一緒に帰ってくれたり、心が優しくて、苛められっ子の先輩と一緒にいるなんて恥ずかしいなんてチラとも考えない子だった。

で、そのA子の父母は、私が小学校の頃から仲が悪くてA父は絵に描いたようなDV夫だった。 【向かいのDV家族】の続きを読む

自分が修羅場だと思うのは中学生の時。

夕方、塾の帰り道で金髪のケバい母親らしき女と大人しそうな女の子が、信号近くにも関わらず信号がない所で道を渡ろうとしててそれを危ないと思いながら見ていたらそれなりにスピードがあるトラックが黄色信号でやってきた。

そんな時に女の子だけが道を渡ろうとするから、思わず危ないって叫びながら近付いた。

でも隣にいる母親らしきケバい女はそんな女の子を止めようとせず眺めてただけだったから、自分しか女の子を止めに行く人がいなくて、そのまま女の子の腕を掴んだら俺が轢かれてしまった 【当たり屋の身代わりになった】の続きを読む

何年か前のことだが、寝室をリフォームすることにした。

そしてあるリフォーム会社に見積り(無料)をお願いした。

そのリフォーム会社の見積りの人は寝室の見積りをしてくれたんだが、不自然なくらいに素早かった。

ベテランで仕事が速いってことなのかな…と俺は思った。

しかし寝室の見積りが終わるなり、急に

「ちょっと風呂場見せていただけますか?」

と言った。 【欠陥住宅】の続きを読む

スーパーの駐車場に車を止めて、店舗に入ろうとしたら100mくらい横に車が降ってきた。

かなり離れてたけど、地面が揺れて衝撃で転んだ。

何バウンドもしながら、いろんな部品が飛んできて近くに同じように座り込んでいた女性に当たってその女性は倒れた。

慌てて這いながら近寄ると、女性は子供を守るように抱えていた。

子供は無傷だった。 【空から車が降ってきた】の続きを読む

このページのトップヘ