実録修羅場まとめ


うちの母親は俺が中学2年くらいの時に急に出ていった。 
浮気の末、離婚届に自分の名前だけ書いて荷物もって消えた。 
仕事人間とまではいかないが、帰りが遅く、まじめで寡黙な親父に飽き飽きしていたらしい。 
それ以降親父は酒浸りになるし、時には暴力もふるわれるようになった。 
それから紆余曲折あって、大学3年の時に酒が原因で肝臓をやった親父が他界。 
多少の遺産と、保険のおかげで何とか大学は卒業。幸い小さいが、面倒見のよい就職先も見つかった。 
(これも親戚の間でずいぶん人間不信になるようなことがあったが、まあ別の話w)
【中二の時に出ていった母親】の続きを読む

私が小学校2年の話。 

新しく変わった担任は厳しいので有名で、始業式の発表を聞いてクラス全員震え上がった。 
そして実はロリ基地鬼畜の糞だった。 

標的は私とA。 
新学期早々、Aはロリ対象認定、私は鬼畜対象認定。 
Aは多少忘れ物や粗相をしても許してもらえる。 
その代わり、教室内で堂々のセクハラ。 
私はほんの少しのミスですらニヤニヤしながら責める責める責める。  【セクハラ鬼畜糞教師】の続きを読む

ヲタク=怠け者でコミュ障と頭から決め付けられて、実家の私部屋をまだ生まれてもいないのに「子供部屋にするから!」と息巻いて掃除を始め、 
コレクション類はロクな梱包もせず私の一人暮らしの部屋に着払いで送ってきやがった 
残った私の家具(バイト代貯めて買った可愛いやつ)と化粧品(ネイルとか香水)や服のいくつかは、自分のモノにしてキープ 
ついでに部屋も子供が生まれるまでは私のもの!として住み始めたらしい 
【義妹(私)はヲタク】の続きを読む

あまり復讐っぽくないですが、こういう例もあるという事で。 

中途で入社して配属されたチームにAというモンスター上司がいた。 
最初の頃は大人しかったけど、徐々に本性を現すタイプだった。 
そのチームは私・A・Bの3人編成。Aはアラフィフのピザ喪女だった。 
年功序列な世界で育ったらしく、年配者は無条件で敬われるべきという考えを持ち、 
若い男性が嫌い、自分より優秀な人が嫌い、自分に意見する様な人が嫌い、 
でも、権力のある人には弱い、という典型的なクズだった。
【Aのせいで会社を辞める】の続きを読む

その席で、トメが私の祖母(故人)の亡くなった時の話をバカにしたように話した。(旦那、ウトさんはお坊さんに様があるとかで席を外していた。) 
「嫁子のばーさん、こんな顔(ムンクの叫びみたいな顔真似)で棺桶に入ってたのよー。 
もう笑えて笑えて…。」みたいに笑いながら言ってた。 
笑い半分、たしなめ半分の空気だったが私は怒りのあまり、持ってた茶碗握り潰してた。 【祖母が亡くなった時の話】の続きを読む

近所にすぐに嫉妬しては、嫌がらせするキチガイ同級生♀がいる。 
そいつは、成績悪いし、不良っぽいし、貧乏。 
自分より目立ってる子が嫌いで、聞こえるように悪口言ったりする嫌なやつ。 
【嫌がらせする同級生】の続きを読む

中3の頃、ある男子からいじめのようなものを受けていた。 
そいつとは小学校まではそこそこ仲がよかったが、5年ぶりくらいにクラスが同じになったので 
「おー久しぶりー」感覚で話そうと思ったら、睨まれながら「きんもー」の一言。 
そこからひたすら悪口のみ。 
「キモい」「デブ」「死ね」そいつの悪口はほとんどこの3語だけだったが、それこそ毎日毎日言われ続けた。  【中三の頃ある男子から】の続きを読む

俺 PC教室インストラクター。前からいる。IT職経験有。めっちゃブサメン。魔法使い 
A 新しく代わってきた社員教室長。ブス 
B イケメンPC教室インストラクター。前からいる。Aに気に入られている。彼女餅 
C トークの上手いPC教室インストラクター。新しく入ってきた。Aに気に入られている。彼女餅 
D 俺の従弟。イケメン宮廷卒接客業。既婚 
D奥さん Dの奥さん。きれい 

【イケメンと美女しか雇わない】の続きを読む

教科書紛失にまつわる修羅場 

片付けできないし宿題も忘れるしその上嘘つきだった小学生の頃の私 
しかしその年は一念発起して夏休みの宿題をちゃんと仕上げて意気揚々と登校した 
それを班長がまとめて先生に提出 
しかし、次の日先生から提出してないと大目玉を食らう 
しかもそれが数ある宿題のなかで一番苦労した計算プリントの冊子 
日頃の嘘つきが祟って提出したことを信じてもらえない 
泣きながら出したと言っても鼻で笑われるだけ 
【宿題を盗まれ謝罪もなかった】の続きを読む

「女はこれだからダメだ、女はあれだからダメだ、大体、女ってのは…」と、 
アンタは2ちゃんの男女厨か?ってなことばかり、ふんぞり返って話していた義兄。 
面倒なので「ハァそうですか」と聞き流していたら、調子こいて矛先が私にも向くように。 
「女は見栄っ張りで困る、(私)さんも見栄なんか張るもんじゃないんだ」とか、 
「女は愚痴ばかりで困る、(私)さんも弟に面倒掛けちゃダメだ」とか、ないことないことウルサイ。 
しまいには、「大体女ってのは男の世界が分からないんだから、黙って従っていればいいんだ」 
と、アンタはいつの時代のお殿様だよ?というようなコトを言い出したのでキレた。 
【女を語るな黙ってろ】の続きを読む

このページのトップヘ