実録修羅場まとめ


もうだいぶ前の話。
当時自分20代毒男、実家住まいで農家やってた。

ある日野菜泥棒捕まえた。
相手は近くに引っ越してきたおばはん。

量もたいしたことないし子持ちだし魔が指したってことで小一時間説教して通報はせずに解放。

一応こんなことがあったよと交番に相談だけはしておいた。 【野菜泥棒】の続きを読む

以前の職場での話。
死ぬかと思たプチ修羅場。

作業場の通路は重機がすれ違いするにはちょっと狭く、どちらかがバックするなどして空きスペースによけないとすれ違いできない。

その日私の進行方向から同僚がやってきたので退避スペースに避けようとしたところ、同僚は私が避け終わるのを待たずに、こちらに重機で進んできた。

おいおいぶつけるなよと思いながら退避を続けるも、ぶつかりそうになる寸前にようやくヤバイと気づいた同僚が、止まろうとブレーキを踏んだら間違ってアクセルを踏み込んでしまったらしくこちらに暴走&激突。

私は脇腹を打ち付けてうずくまって動けなくなってしまった。 【死ぬかと思ったプチ修羅場】の続きを読む

もうずいぶん前に離婚した元旦那の話だけど。

やたら舅がうちに来るようになって、うちに来て庭の手入れとか修理とかよくしてくれる。

有難いんだけど気を使う。

今住んでる家は私側の親戚の持ち物で、古いけど放置するのもあれなんで格安で貸すよと言ってくれたんでご厚意に甘えた形。

たしかにかなりボロ。
今はここで我慢して貯金してから引っ越す予定だった。
【やたら舅がうちにくる】の続きを読む

A社という小さな会社と取引が有って、そこの会社は奥さんが社長で旦那さんが副社長。

立場としてはA社の方が上なんだけど、扱っている物の性質上の制約が有り、用が有る時なんかはA社から元我が社(B社)にご足労頂いていた。

社長は控えめに言っても女性らしい人ではなく(性格が)、豪快だけどとても気さくな人。

差し入れなんかもよく頂いていたし、待ち時間なんかが有ると雑談なんかもしていた。 【奥さんが社長で旦那さんが副社長】の続きを読む

去年のお正月。

彼の親御さんに会いに行って御挨拶した。

まだ婚約とかそういうのじゃなくてただ親御さんに紹介されて御飯食べただけなんだけど、彼の態度がそれ以来変わってしまった。

それまでは優しいっていうよりちょっと気弱なくらいの人だったんだが、私の言うこと、やること、趣味、仕事、学歴すべてにケチをつけるようになった。
【彼の態度が豹変した】の続きを読む

修羅場っていうかワケワカランな話。

社会人一年生の時、つきあった彼女がいた。
俺は正社員で彼女は派遣だった。

俺はきっすいの関東人で職場も関東。

彼女の家は関西の生まれで進学を機に上京したと言っていた。
2人姉妹で、彼女の姉は美人で頭がよくて「世界一姉を尊敬している」と彼女はよく言っていた。

俺は弟しかいないから男のきょうだいと女のきょうだいって、感覚が違うんだなーと思っていた。
【わけわからんな話】の続きを読む

小学生の時に父の浮気相手に引き殺されそうになったことが最大の修羅場かな…

学校から帰宅途中、後ろから大きな音がして頭真っ白。
気がついたら病院のベットの上だった。

犯人は逃走したらしいけどすぐに捕まった。
20代後半の女性で父の取引先の事務員の人。
【引き殺されそうになった】の続きを読む

地方紙に載った話で。

自分が住んでるところは群馬の閑静な住宅街だが、一軒だけ外れの草深いところにボロい二階家があった。

いわゆるプチゴミ屋敷で、家の前にタンク?とかモーターみたいな部品が積み上げられてて、ブルーシートが被せられてたんだが、夏場に漂う異臭もあいまって近所でもトラブルになってた。

町内会で嫁が聞いてきた話によると、住んでるのは50~60のおっさん。
【地方紙に載った話】の続きを読む

学生時代に24時間営業のファミレスで深夜バイトしてた。

午前2時くらいに20台後半くらいの男女が入ってきた。
店内に客はその2人だけ。

男は無表情、女はべそべそしてた。
離れたところで割り箸の補充とかしながら聞こえてきたことを総合すると、どうやら女が浮気して話し合いに来たらしかった。

しばらくしたらフライドポテトが注文されたから、出来上がったのを持って行ったら、男が手を出して皿を直接受け取って、いきなりポテトを全部床(私の足元)にぶちまけた。
【ファミレスでバイト中に】の続きを読む

職場での出来事。

ニュージーランドの地震があったとき、そっちへ旅行行ってた職場のバカ女A。

震災後すぐ帰国。
多分地震発生直前に出国ぽい。

なのに、地震体験談を語るわ語るわ。
TVで見たと思われることをベラベラと。

報道されてない、地震直後の身の回りの事とか聞かれると話をそらす。

100%体験してないって確定してるわけでもないので、みんななんとなくスルー。 【職場のバカ女】の続きを読む

このページのトップヘ