実録修羅場まとめ


◆登場人物◆
俺 25歳 野球ヲタ
元子 27歳 サッパリ系美人
浮男 20代半ば位? チャラい系イケメン 俺とは面識なし

合コンで知り合い、付き合って1年。
俺の仕事が不定休(ほぼ平日)な事もあり、なかなかゆっくりデートもできなかったが、毎日メールや電話はしてた。
俺は元子の事が大好きだったし、同棲したいなー、ゆくゆくは結婚…なんてぼんやり考えてた。 【シャァラ!!】の続きを読む

昨日の修羅場
イルミネーションを見に歩いてたら
彼氏の浮気相手に追っかけられた
結局捕まったけど、バカらしくなって彼氏置いて
予約してたレストランで一人でディナーして帰った
昨日の昼間に両家の親顔合わせした直後にコレかよ
結婚するのやめる
【浮気相手に追っかけられた】の続きを読む

私子 私
盗子 

大学に「彼氏横取り女」として有名なかわいこちゃん(盗子)がいた。
盗子と授業が一緒になり仲良くなった。
盗子はどろどろとした噂と違い、とても素直で感じのいい子。
ふわふわほんわかしてるんだけど、ちゃんとしっかりしてる礼儀正しい子。
可愛いしモテるから嫉妬で嘘の噂流されてんだな可哀相と思った。
【彼氏横取り女】の続きを読む

みなさんのように、ドロドロ激しい修羅場じゃないけど投下。
私が高校生のころの話。
当時の彼氏(DV傾向あり)と夜道を歩いていたとき。
歩道で彼氏が猛スピードで走る自転車とほんのちょっと接触。(軽く服が触れた程度)
短気な彼は「チッ!!」と自転車を睨んだ。
すると、舌打ちが聞こえたらしく、自転車に乗った男の人(推定20代前半、色白、ガリガリ体型、メガネ着用)が
こちらに戻ってきて彼氏(身長170、体重85㎏のゴリラ体型、強面)を睨んだ。
逆上した彼氏は、自転車男を自転車から引きずりおろし、馬乗りになり殴りかかった。 【DV彼氏の奴隷】の続きを読む

俺…K男
彼女…カノ子
友子…カノ子の友達
友彼…友子の婚約者

すまん、色々思い出して書いていたら長くなった。

当時、俺とカノ子はお互い23歳、付き合って約3カ月位だったんだけど
カノ子の異常な位の結婚願望に早くも疲れ始めていた。
サプライズデート、とか言っていきなりウェディングフェアとか何とか
(結婚式の販促イベントみたいな)のにつれて行かれ、
模擬挙式をさせられた事もあった。
突然デートに親が来たりとか。
幸い親御さんはまともで、大学出たばかり、しかも付き合ってまだ数カ月の俺との結婚は反対。
カノ子に「二人とも今すぐにでも結婚したいと思ってる」と言われており、
若造にしっかりと言い聞かせてやる!と乗りこんできたが、
慎重派な俺に拍子抜けして帰って行った。
カノ子は「お父さんが何を言っても大丈夫だよ!二人なら乗り越えられる!
大丈夫だよ、がんばろう!いざとなったら私駆け落ちしてもいい!いやむしろしよう!」
とか。
【王子様を募集中】の続きを読む

B男の彼女の立場だったことがありました。
就職して初めて付き合った相手が、大学でラグビーやっていた人で
私は疎かったから知らなかったけれど有名なチームの重要なポジションの人だったようです。

体ががっちりして、笑うと目が細い目がタレて
デーブ大久保をもっと固太りさせて筋肉質にした感じでした。
私は「太って笑顔の素朴な人に悪い人はいない」と思いこんでいたのと
自分が太れない体質のせいか太った人が好きで
昔から「デブ専」と言われていました。
でもそれまでは憧ればっかりで(テレビで見るプロレスラーとか、柔道家が好きでした)
彼氏はその人が初めてでした。
【ラグビーをやってた彼氏】の続きを読む

高校生のとき塾の帰りに母が迎えにきてくれました。
帰り途中、携帯に電話がかかってきたので
母は少し離れて歩いていました。

そしたらいきなり知らない男に引っ張られた!
驚いて「やめてください」とか言っても相手は抱きついてくる。 【母は強しという話】の続きを読む

当時高校一年生、全員同い年の16歳

私子
彼男 当時私子・A子とと同じクラス
A子 彼男が好き?当時私子・彼男と同じクラス

私と彼男は文化祭での急接近がきっかけで秋頃に付き合い始めました。
その頃からA子が私にひっついてくるように。
しかし別に仲が良いのではなく、A子が喋ってくるのを聞くだけって感じ
【2年間嫌がらせされた】の続きを読む

私子 大学1年 田舎者
先輩男 大学2年 ガチムチ
同期子 大学1年 かなりギャル系

田舎から上京し、大学生活が毎日不安で、そんな自分を変える為にサークル入部を決意。
入った文化系サークルで出会ったのが先輩男ど同期子。
先輩男は受け身な私がサークルに溶け込みやすいように個人的に色々企画をしてくれた。
同期子は雰囲気は全然違うけど、妙に馬が合いサークルでは常に一緒だった。
【サークル先輩が3股】の続きを読む

付き合い始めた男性の家に遊びに行った。
リビングでのんびりしていてふと気づくと、彼がこちらにやって来た。
手にはハサミを持っている。

「髪、切らせて」 【髪切らせて】の続きを読む

このページのトップヘ