いつかやってやろう!と思ってたことを土曜日に実行してみたプチ話。だらだら長いが勘弁して。 
アポなし訪問が多く、夫のいないところでは盛大に、いてもやや控えめな嫌味や小言の多いトメ。 
土曜日は旦那が休出で前もって「俺はいないから来ないでよ」と言ったのに夕方にやってきた。 
ぐちぐち文句言われても最近の私は「へー。そうですかー」とスルーなので 
トメ的にはストレスが溜まっていたらしい。 
夫から帰るメールが来たので夕食のカレーの準備をし始めたら、トメは 
「息子タンはいつもお母さんのカレーが一番おいしいって言ってくれたのよ」だの 
「ちゃんと食べられる物なんでしょうね?」とかもう最初から喧嘩腰。 
いつも人が料理作ってる間はテレビ見てて、あとで文句言いながらばっちり完食するくせに。


「当日にカレー用意したって味がしみこんでなくておいしくないのに、 
あなたったらこんな時間まで遊んで・・・息子タンは働いているのにグチグチ」 
だののノンストップ小言を無視して、小麦粉と全粒粉を合わせてふるって 
お湯で練り始めたらトメが「あなた、何してるのよ?」と不安顔。 
「カレーの準備です」とだけ答えてせっせと粉を練って、ボールで寝かせてから 
ヨーグルトとかココナッツパウダーとかスパイス色々出してきて、 
すり鉢(石臼ないから)でホールのスパイスをゴリゴリブレンドする頃には 
トメは無言になってしまった。

「スパイスはこんなんでいいですか?お母さんチャパティ広げて焼いてください」と言ったら 
「そんなの知らないわよ!」と怒る怒る。 
「お母さん、カレーにうるさいって言ってたじゃないですか」って笑ったら 
「私は日本人よ!」と怒鳴られた。「私だって日本人ですよー?」って言い返したら 
ギャーギャー言うから 
「やだなぁ。知らないなら知らない、出来ないなら出来ないなりに口出さないで下さいよ。 
『うるさいんだよクソババア』って言っちゃいますよ?」 
と脅してみた。その後はトメが口開くたびに 
「『クソババア』って言われたいんですか?」と 
何度も聞き返すと、トメはようやく静かになったので 
カレー煮込んでチャパティ(薄い煎餅)広げて、夫の車が窓から見えた所で焼き始めた。 
「ただいまー!今日はカレーなの?!」と喜ぶ旦那に玄関に突進してったトメが 
「ねぇ!嫁子さんがクソババアって言うのよ!! 
嫁子さんの変なカレーより私のカレーの方が好きよね?!」と、 
お帰りなさいも言わずに詰め寄ったので 
夫は「なんで母さんがいるんだよ!嫁のに決まってるでしょ! 
母さんのなんかカレールーの味だけじゃん!それにクソババアは本当でしょ!」 
と、ばっさり切られて凹んでた。 
トメはその後「ひどい」だのグチグチ言いつつおかわりまでしたけど、 
「今度お母さんが来たら是非カレー作って食べさせてくださいね。 
あれだけ文句言うんだからきっとすっごくおいしいんですよね?」と 
脅したところ「もう来ないわよ!」と怒って帰って、以来電話もメールも来ない。平和だ。