バス停に着いた時は誰もおらず夕方の混雑する時間だったので、 
どうせ座れないと思い、並ばずに壁にもたれてバスを待ってた。 

すると反対の歩道からジジイが走ってこちらのバス停に来ると 
何故か俺の目の前に立ちやがる。 
目の前に立たれるのがイヤなので、少し横に移動。 
するとジジイも移動し、またも目の前に。 
腹が立ったので、バス停の端で待つ事にすると 
ジジイはまたもや俺の目の前へ。 


で、バスが到着すると目の前でドアが開き、ジジイは乗ろうとするが、 
そこは降車側のドア。 
ジジイは強引に入ろうとするが運チャンに止められ 
その隙に俺は普通に乗車。 
満員で立っている人もいたので先に乗った俺さえ座れなかったのに、 
ジジイは 
「この若いヤツのせいで座れなかった、代わりに座ってる若いヤツが譲れ!」 
と、怒鳴り出すが誰も譲らず、さらに声は大きくなる。 

そこに運チャンが 
「このバスは○○病院発でしたので、御年配の方や怪我の方で満席です。 
 騒ぐ元気のあるお方は、立っての乗車お願いします。」と、アナウンス。 

終点で降りる時、いつも以上に「ありがとう」と言って降りる人が多かった気がしたよ。