旦那が学部生のころに義父が早世し、以来息子である旦那にべったりのトメ。 
結婚してから息子が嫁寄りになったのが気に入らないのか、 
「食器棚の模様替えをしたいから来週の土日に来い」(旦那実家は島が違う) 
「嫁は両親が健在だから苦労を知らない」(人並み以上の苦労をしていないことは認めよう) 
「旦那より稼ぎのいい嫁なんて」(旦那とは同じ会社、私の部署は残業当たり前で旦那の部署は残業しづらい) 
「この間のプレゼントは趣味が悪い」(旦那が選べないので私が選んだ) 
等々、受け流していればどういうこともないことではあるがぐちぐちと面倒くさい。 

で、この間、義父の七回忌があったので行って来た。 
ごく近しい親類だけで法要を済ませ、お茶を飲んでいるとまた始まった。 
出来の悪い嫁は聞き流し、旦那は場の雰囲気を悪くしないよう必死にトメを抑えようとする。 
親類の苦笑いが引きつって来た頃、つい言ってしまいました。 
「おかーさんも淋しいんですねえ。○○さん(旦那)も盆暮れしか帰れない距離ですし。 
でもそれを私に言われても……あ、もしかしておかーさん私に嫉妬してます? 
やだなー、そりゃ○○さんのDT奪って結婚したのは私ですけど! 
まさかおかーさんが息子のDTを惜しむなんてそんなねえ!はははは!」 

顔を真っ赤にして黙り込むトメ、「ちょ、おま、なにをっ」と照れまじりで焦る旦那、 
親類のみなさまがノリよく爆笑してくれたので助かりました。 
場の空気も読めなきゃ話が飛躍してしまう女脳の持ち主でごめんあそばせ。