彼女との付き合いは高校からで、同じ大学の四年の時の話。 
付き合いが七年にもなるので、俺に気の緩みがあったのは確かだが、一年下のアメフト部員に取られた。

そいつはその半年位前から事あるごとに彼女を口説こうとしていたのは知っていた。「可愛いですよね」「俺なら加奈さん放っておかないな」「命かけられますよ」とか、自分に彼女がいる時でさえ加奈に対してモーション掛けまくってた。 
段々それがエスカレートしてゆき、時には学食で俺含め何人かで一緒にいる時でさえも声をかけていた。 
アメフトは学内でも幅を効かせていたからそれだけで気持ちが大きくなっていたのもあるんだろうが、完全に俺は舐められていたと思う。 
確かに奴は180センチ強のムキムキ体型、俺は170弱の中肉中背の一見冴えない奴だったのもあるだろう。

ただ彼女は俺が奴を嫌っていたのは分かっていたし、奴のあからさまな態度を嫌悪していたから、特に誘いに取り合うこともなかったんで気にしないことにしていた。まあ「油断していた」と言えばそういう事になるかもしれんが。 

ある日同級生のアメフト部員から連絡があった。加奈とも共通の友達。 
そいつの第一声、「お前、加奈ちゃんと別れたのか?」 
全く意味が分からなかったが、後輩が加奈とやったという話をしているのを聞いたらしい。 
よくよく考えると一週間位前、学祭辺りから加奈の態度が少しおかしかったような気がした。

で加奈に確認したら真っ黒。 
学祭最終日に色んなサークル集まって打ち上げしたんだけと、その時酔わされてやったんだと。 
酩酊させられてやられたんならそれ事件だから警察行こうって言ったんだけど加奈の歯切れが悪い。てか必死に阻止しようとする。 
酔わされたといっても、加奈も満更でもなかったというオチ。 
泣きながら言ってたよ。「俺がバイトばかりで相手にしてくれなかったから寂しかった」「後輩君はいつでも優しかったし、私を第一に考えてくれてたのが分かった」「私の為に彼女とちゃんと別れてくれたから」 
耳を疑ったよ。七年も付き合ってこれかよ、ってね。

確かに俺はバイトばかりしていた。でもそれは学費の為に仕方なかった事だし、それに四年になってからは学生最後に加奈を海外旅行に連れてってやりたかったので、バイトを増やしていたのもあるから。旅行の件はサプライズのつもりだったんで加奈には言ってなかったけど。 
なんかもう全てが馬鹿馬鹿しくなってね…… 

事件が起きたのはその三日後くらいかな。加奈とは完全に切れてるというには微妙な時期だったと思う。

学食で一人で飯食ってる時に、食器下げがてらに後輩が俺のところに近付いてきた。そして一言。 
「加奈さん困らせるの辞めてもらえますか?」 
意味不明で奴の顔を見上げるのが精一杯。 
「男らしく身を引いてあげてやったらどうです?」 
後輩は上から俺を小馬鹿にした様な目つきで言った。 
「そんな事他人のお前に指図される筋合いはないよ」というと、後輩は無造作に食器をテーブルの上に置くと、大きく溜息吐きながら俺の目の前の椅子に座った。全く存在を無視されたアメフト一二年はそこに立ち尽くすのみ。 
「彼女本当に困ってるんですから」 
「困らせてんのはお前だろ」 

その時加奈とその友達が学食に入って来て、俺たちが対峙してるのを見てすぐに側に来た。 
側、と言っても俺の側ではなく、後輩の側。 
で、奴の袖を軽く引っ張りながら、「後輩くん、辞めてよ。こんな所で」声を潜めて必死に訴えていたが、後輩は見向きもせずに薄ら笑いをたまにしながら俺の顔を見ていた。

「加奈、こいつ俺がお前を困らせてるって言ってんだけど、どういうことだ?」 

加奈は一瞬「?」の表情をした後、「後輩君、何言ったの?どうなってるの?困ってるって、何?」 

後輩は加奈の手を軽く振り払うと俺の方に顔を近付けてこう言った。 
「俺たち、既成事実もあるんですよ。付き合ってんのも同然なんです。彼女を放ったらかしにして寂しい思いさせたあんたが悪いんでしょ?」 

遊ぶ金のためだけに片手間にバイトしてる後輩に言われ、怒りが爆発しそうになった。

気付いたら俺は後輩の服の肩口を鷲掴みにしていた。 
それまで薄ら笑いを浮かべたり俺の事を完全に見下していた態度の後輩は、やや面食らっていたようだった。 

「彼女いるのに人の女ばかり追い掛ける腰抜けが偉そうに言うなよ」 

みるみる内に真っ赤になる後輩。一二年がいる手前、引っ込みがつかなかったのかもしれない。 
でも俺は更に追い込んだ。 

「お前、さっきから上から目線だけど何様なんだ?運動神経ゼロのただの木偶の坊だろ?そんなんだからレギュラーになれねえんだよ」 

言い終わった瞬間に俺は殴られた。八重歯で口の中を傷つけてしまい、血が大量に溢れてくるのが分かった。

俺と奴がほぼ同時に立ち上がった時、俺は誰かに後ろから押さえつけられた。同級生数人が俺を必死に止めようとしていた。 

「落ち着け!落ち着けって!ケンカは良くない!」みたいな事を言ってたっけ。 
内心、「あ~、またか……」と。 
すぐに人の喧嘩に口はさんでむやみに止めてくる奴、必ずいるよね。

ここで話は少し横道にそれるけど、俺は昔からケンカばかりしていた。別に不良だったとか、ケンカが強かった、というわけではない。今思うと正義感が強過ぎただけ。 
ただ昔からケンカになると必ず止めにはいる輩がいた。殴り合いに至る経緯を知らないくせに、単にケンカは良くない、という理由だけで。 
男同士の喧嘩なんて、中途半端に終わらせて良い訳がないのに。 
俺は喧嘩の相手よりも、寧ろ無責任に喧嘩を止めてくる奴の方が嫌いだった。

この時も羽交い締めとまでは言わないが、三人位に抑えられた。後輩の方は一人が抑制してるだけ。俺が殴りかかっていったかのような構図。馬鹿馬鹿しい。 

俺は奴らをゆっくりと振り払うと大人しく、務めて冷静に言った。 

「後輩、こいつらが喧嘩は良くないって言うから辞めたよ。だからこのまま警察行ってくるわ、お前に殴られましたって。お前、前科ついて退学にもなるだろうな、残念だけど」

ポカーンとする後輩。いやそこにいた全員かな。 
俺が学食を後にしようとすると、俺を止めた同級生が駆け寄って来た。 

「いや……ちょっと警察はまずくないか?そこまでする必要は……」 
「お前、なんで途中でとめたんだよ?なんでああなったか、お前事情知ってたのか?どうせ中途半端な正義感からなんだろ?そういうの、偽善っていうんだよ。お前のせいで後輩は逮捕される事になるんだよ。」 

みるみる青ざめる同級生。

学食を出て玄関までのホールに出た時、後輩が駆け寄って来て、「すいませんでした……」と頭を下げてきた。 

「遅いよ、もう。後で警察来るだろうから宜しく。あとお前捕まるのはあいつらのせいだからな。俺を憎むなよ」

尚も追いすがって来たので言ってやった。 
「じゃあ全部脱いで土下座しろ。そしたら許してやる」 

後輩、凄い表情してゆっくり土下座した。周りには多分50人位は居たと思う。当然彼女も。

「脱いでねえじゃん」 
「すいません……それは勘弁して下さい……」 

後輩の声が震えていた。 

「じゃあ一発蹴らせろ」 
「……分かりまし……」 

奴が言い終わらない内にサッカーボールキック。さすがに顔面は可哀想だと思ったので、額辺りを力を蹴り上げた。 
でも蹴った衝撃で一瞬意識が飛んだのか、ガクッと前のめりに崩れた時に硬い床に顔をぶつけて前歯三本折ったみたい…… 
結果的に少しやり過ぎたとは思った。

それから後輩はあまり大勢が集まる場所には顔を出さなくなった。 

加奈ともちゃんと話をした。放って置いたことが多かったのは事実だし、それは素直に謝った。 
バイトを増やした理由も話した。 
号泣なんてもんじゃない。腰が砕けたみたいになって、子供みたいにあんなに大声出してワンワン泣く加奈を始めて見たよ。 

でも別れたよ。 
やっぱり浮気した事に変わりはないし、しかも俺が一番嫌ってた相手でもあったし。どうしても許せなかった。

その後、後輩と加奈は結局付き合う事はなかった。