同居して5年。 
トメは所謂良トメ。 
なんか、武士みたいな喋り方をする面白いトメで、私は好き。 
そして、同居と言えども二世帯なので、お互い干渉しない感じで生活していた。 

大トメ(大ウトはアボン。一人暮らし)が近所に住んでいて、トメをいびろうとするがトメはそれを華麗にスルー。


「飯がまずい!」言われれば、おかずを取り上げて 
「ん、しょうがない。じゃあ出前を取ろう。勿論言い出しっぺの大トメさんオゴリ。」 
と、天然だかわかってるのだか判らない返しをする。 
また、私も大トメは気に入らないらしく、私に対して 
「嫁も可愛くなきゃ孫の嫁も可愛くない!こんなチンクシャ!」 
って叫ぶと、トメはふう〜っとため息をついて 
「ん、人それぞれ審美眼あると言うが、大トメさんの場合酷いな。目が白いが白内障?」 
と、ツッコンで大トメを青ざめさせる。 

ある日、大トメが階段から落ちて足を骨折し、そこから寝たきりになるかもという話になった。 
別に寝たきりにはならなかったが、松葉杖生活で不自由はしてるらしい。 
そこで当然、大トメから 
「近所に住んでいるのだから、嫁と孫嫁が面倒を見るべきだ!」 
と毎日毎日電話がかかってきた。 
トメは、「ん、しょうがない。嫁ちゃん行こうか。」と言い出した。 
私はトメに何か策があるんだな。と思い、「うん、行きましょう。」と一緒に行ってきた。


トメ、凄かった。と言うか面白かった。

台所へ入ると、大トメが大事にしていた大皿をついうっかり、手が滑って割る。 
大トメがギャーギャーと叫ぶと、トメはニマっと少し笑って 
「ん、ごめんなさい。悪気は無かった。こんな所に置いてあるとは思わなかった。」 
これを言うと、大トメは「うっ」と黙り込んだ。 

大トメは、トメや私をいびって、ウトや旦那に怒られると
「悪気は無かったのよ」と言うので何もいえないらしい。 
ついでに、後でトメに聞いたのだが、
トメとウトの夫婦茶碗のトメのだけ割られた時も、大トメは 
「悪気は無い!そんな所においてあったこいつが悪い!」 とわめいたらしい。

兎に角、思いつく限りの「悪気の無い」事をしてきた。 
大トメの服を片付けて、ついでにボロ布みたいに見える服を捨ててあげたり。 
(トメの服を勝手に捨てたことがあったらしい) 
やっぱり、作った料理がまずい!って言われたので、出前を大トメもちで取ってみたり。 
(うな重、おいしゅうございました) 

麦茶と、そばつゆを薄めた奴を間違えて、大トメに出して吹かれたり。 
(大トメが昔、こっそりと家に忍び込んで、
麦茶とそばつゆを取り替えていった事があったそうな。 
大トメは「ほんのお茶目な悪戯☆」と言うことだったらしいが、
当初ばれるまではトメのせいにしてたそうな) 
兎に角、もうやりたい放題やってきました。 

そうしたら、大トメからとうとうこのようなお言葉が。 
「二人とも、わしをバカにして!もう良い!
お前たちに絶対に面倒なんて見てもらいたくねぇ!! 
勘当だーっ!二度と家にくるなーーーーーーーっ!」 って叫び始めた。

トメ、ニタリと笑って 
「ん、判った。嫁ちゃんも聞いたね?私たちここへ来ちゃダメだって。しょうがないな。」 
って言って、引き上げてきた。 

当然、大トメから 
「この間の無礼を許してやるからこい!」とトメに連絡があっても、 
「ん、本当に悪かったと思うので自粛したい。申し訳なくていけない。」と突っぱねるトメ。 
トメが私をつれていったのは、トメがやりたい放題して、大トメが 
「嫁はダメだ!次は孫嫁に頼る!」ってなるのを防止するためだったらしい。

ちなみに、トメは、自分がもし倒れても大丈夫なように、
施設に入れるほどお金をためているらしい。 

でも、私はトメだったら面倒見てもいいかな、
つーか、二世帯やめて完全同居でいいよって軽い気持ちで言ったら 
「ん、やめとけ。良い関係を壊したくないなら、余り深入りするでない。 
介護も、縛られることが多くなって、ストレス溜まって、
私が死んだ後嫁ちゃんが病気になってる。 それは、私としても本位ではない。」 
と言われてしまった。