昔の友達が妻子持ちの小金持ちパパの愛人してたが
27で「結婚」を真剣に考え出すようになって独身の男数人と付き合いだし 
その中の一人とほどなく結婚話が出るようになった。 

なんでも姉婿の一族が経営する大手印刷会社の幹部社員で
当人は副業で携帯電話販売会社も経営し 尚且つ電話関係の特許も持ってて
富士通から5千万で特許を買い取りたい話が来ているという景気の良い話だった。 



ところが蓋を開けてみたらその男の話は大半はホラで
姉婿一族が大手印刷会社の経営者一族と言う話だけは本当だが
当人はそこの社員ではなく 携帯電話販売も個人で細々やってるだけ。 

「実物」は単なる中卒で職を転々としてた借金持ちのホラ吹き30代男だったそうなw
彼女の愛人パパが嫉妬から その男がほぼ無職である事を調べて彼女に報告。 

更に彼女のパパは 「隠れてこっそり奴のもっと詳しい話を聞きたいから」と
彼女に呼び出させておいて その男が彼女のコーポにやってきた途端にボコボコにしたらしい。
その男は逃げながら携帯で警察を呼び パトカーが彼女の家にやってきて
彼女もパパもパトカーで揃って警察に連行されて調書を取られたというw 

更にその男は怒りから彼女の職場の店次長に電話をかけて
「付き合ってた女に騙されて美人局で男に殴られた」と暴露して彼女は大恥さらしてクビ。 

その後も その男は彼女のコーポに再びやってきて
近所中に聞こえる大声で彼女を罵倒したりと色々大変だったそうだ。

「このままじゃこいつに人生潰される」と恐怖にかられた彼女は
その男の姉婿の職場に直々に電話して訴えて色々話をしてみた所
その男のホラが更に次々判明したそうだ。 

中卒で職を転々としてたその男は実はバツ1で妻子に逃げられ
姉婿に出資して貰って携帯電話の店を出した事もあるが
あっさり潰れて数百万の借金を抱えたまま。 


今や自宅で細々やってる携帯電話販売も自宅じゃ客も来ないので
たまに姉婿の自分が客を紹介してやってるが食べれる収入はないので
毎月仕送りしている。
(つまり姉夫婦のヒモw) 

自慢げに披露してたゴールドカードも 彼自身が普通のクレカも作れない為
せがまれて仕方なく家族カードでもたせてやったもの。 

富士通から五千万で買い取る話が来てるという「特許」の話も
あれこれ申請はしてるようだが どれも金になるような代物ではないとの事。 

「虚言癖が原因で度々トラブルを起こすので
正直もてあましてる義弟だ」と断言されたそうだw 

「よくもまぁ ここまで嘘の数々を並べ立ててたものだ」と呆れた彼女は
そもそもの己の二股や隠れ不倫を反省する事もなく
その男を恨んで何度か無言電話攻撃をしていたそうだが
数回かけたらあっさり電話番号を変えられてしまったそうだw 

意地になってその男から貰った名刺の住所を頼りに電話帳を調べてみたら 
その男は自分の下の名前まで嘘をついていたのが判明。 

更に非常に珍しい名字からその男がB出身というのも分かったとのこと。
(いいところに嫁いだお姉さんは相当ラッキーな玉の輿だったのだろう。) 

ちなみにその男は 彼女が最初から自分を殴らせる為に男を家に呼んで隠してたと
頑なに思い込んでて彼女の話を聞く耳持たなかったそうだ。 

それも実は彼女のパパが警察で個別に調書取られた時や
後日その男に謝罪の為二人で会った時に
「彼女にそうしろと頼まれたから断れず彼女の家で隠れていて殴った」と保身から
己の嫉妬に駆られた行為をすべて彼女に責任なすりつけする証言をしてたからだと
後々になってやっと気付いたらしいw 

「元々はパパの私への心配から起こった事件」とめでたい事を思ってた彼女は
所詮 不倫男なんてイザとなれば保身で掌返して女を裏切れるんだと
そのホラ吹き男のお陰で初めて不倫の現実を思い知ったそうだw

相手の妻を何年も泣かせていた彼女にとっては
「因果応報」を知る本当に良い勉強になったと思うw