ちょっとお下品というか汚いというか、そんな人生最大の修羅場。 

健康診断で、検尿・検便を持って病院に行くことになった。 
病院が微妙な場所にあり、電車を何度か乗り換えないといけなくて少し遠かった。 
自分から出たものとはいえ、病院まで鞄やサブバッグ入れて持ち歩くのはなんだか嫌。 
でも普通の紙袋に入れたら中で動くし…と悩んで部屋中探したら、化粧品を買った時に貰った小さな程よいシャ◯ルの紙袋を発見! 
プチプチシートに軽くくるんで、可愛い小封筒にい入れて紙袋にいれたらあまり動かないし、まさかシャ◯ルの袋で排泄物を運搬してるとは思うまい!と家を出た。 



何度目かの乗り換えで、待ち時間があったのでベンチに座って、例の袋を膝に置かずに、脇に置いてしまった。 
慣れない乗り換えで疲れてぼんやりしていたその時、袋が浮いた。あれ!?と思うと、女性がその袋を持ちスタスタと去って行く後ろ姿。 
え?なんで?泥棒?とか考える余裕は無かった、だってその袋は…!! 
パニックになり私は即座に大声で「ちょっとお姉さん!だめだめ!その袋はだめ!う◯こ入ってるから!う◯こ!」 
う◯こ発言に、周りの人も驚いてこっち見てた。

その人を追いかけながら
「だれか!だれかその人止めて下さい!その人の袋にう◯こが!持ってかないで下さい!!」と叫んでいたら若いサラリーマンがその女性を止めてくれた。 
私も追い付き、袋を返して下さいと言うと 

「はぁ?さっきからアンタ何?頭おかしいの?変態じゃない変な事叫んで!これは私のですけど!」とキレだす。洋服もお金かけてそうな上品そうな女性だった。 

私も無我夢中で
「いやこれね、私のですから。う◯こ入ってるから盗んでも仕方ないよ!泥棒よくないよ!返して下さい!」と
う◯こを連発。女性もキレる。 
サラリーマン兄ちゃんが駅員を召喚、別室で話を…となった。 

女性は「これは私の。こいつが頭おかしい。汚い言葉も連呼してるし」と引かない。 
駅員さんがじゃあ中身を確認しましょう、と言い出す。
女性は買った化粧品ですから!別に確認しなくても大丈夫!と喚く、
待って確認されたらそれは私の…検便と検尿だよ!!!! 

いやいやもう、検便検尿をみんなの前で出されるってどんなプレイだよ!やめてくれ!って
駅員さんと揉みあったのが私にとっては最大の修羅場… 
私も説明しながら「てかこの人う○こをwww盗もうとwwwww」って笑えてきて、恥ずかしいし笑いそうだし、すごい変な感じの空間になりました。 

一応、ということになり部屋の隅で、プチプチや袋から出し、検尿を見せたところで駅員さんが
「わかりましたすいませんでした」と。 
本当に一瞬だけだけど、汚いもん見せて申し訳ない気持ちと、恥ずかしさで真っ赤。
死にたい気持ちでした。 

女性はどうやら化粧品狙いだったみたいで、中身が検便と知るとブチ切れてました。 
キレた女性が駅員さんを突き飛ばしたり蹴ったりしてたのでそのまま逮捕になってしまいました。

女性は過去にも同じ事繰り返しており度々御用になっていたようで…
余罪が大量にあったようで、その後は檻の中へいったという事を駅員さんか後日聞きましたとさ。