もう五年前くらいの出来事、当時私は高校生だった。

向かいには私よりひとつ下の女の子A子がいる家があって、家族ぐるみで仲が良かった。

幼い頃から一緒だったし、姉妹みたいなもんだったと思う。

私が中学時代に同級生に苛められた時も、A子は毎日校門の前で待っててくれて一緒に帰ってくれたり、心が優しくて、苛められっ子の先輩と一緒にいるなんて恥ずかしいなんてチラとも考えない子だった。


で、そのA子の父母は、私が小学校の頃から仲が悪くてA父は絵に描いたようなDV夫だった。

A母はよくうちの裏の庭に逃げてきてて、ある夏はひまわり花壇の真ん中で血だらけで号泣してたりしてた。

高校に上がると私は公立校、家が裕福だったA子は少し遠方の女子校へと通った。

高校は勉強がすごく厳しくて、塾にも通いはじめたのでA子とはあまり会えない日がつづいたある夜、家の前の道からギャー!と叫び声が聞こえて、出てみるとA母がまた血だらけで走ってて、その後ろをA父が


「どうしたんだ?落ち着けよー」

と笑いながら追いかけていた。

ものすごく怖くて私は腰を抜かしてたんだけど、うちの父がA父を殴り飛ばして、A母をうちに引きずり込んだ。

その後のことは私は詳しく聞かされてないけど、一週間後くらいにA子が私の高校の校門に立っていた。

「これからお母さんと東京に逃げる」

って言って、制服に登山用のリュックを背負ってた。

「お母さんとの約束で、連絡先は◯ちゃん(私)にも教えられない。大好きだったよ、お姉ちゃん。」

って言って、校門でぎゅっと抱きしめられた。

小学校くらいまではA子は私をお姉ちゃんって呼んでた。

それから、A子からは連絡もなかったし、私もA子の話はしなかった。

A父はいまだ家の前に住んでる。

今でもA子の名前で時々ぐぐってしまう。

写真は別に取ってて、たまに引っ張りだして見ては泣いてしまう。

どの瞬間が修羅場だったとは言えないけど、A子にまつわる一連が私にはすごく修羅場だった。

あの時、校門でじっと待ってたA子の姿は一生忘れられないし、私が死ぬときも思い出すような気がしてる。