数年前友人とドライブに出かけた。

丁度車の事故が起こったようで道が大渋滞になって夜になってしまった。

なんとか早く家に帰りたかったので普段通らない山道を通って帰ることにした。

真っ暗の道をゆっくり走ってると友人が突然

「あれ人じゃね?」

といった。


確かに人っぽかったが周りには家もないし灯りもない。

俺は幽霊だといったが

「じゃあ確かめてやる」

といって友人は車から降りていった。

しばらくすると女性を連れてきた。

「なんか彼氏にすてられたんだって。家まで送ってってやろうぜ」

といって女性を車にいれた。


その女性は真っ青な顔色と無表情な顔は幽霊そのもの内心、絶対まともな人間じゃないと思いブルブル震えながら運転をしていった。

ようやくまともな道にでると直ぐそばのコンビニで降ろしてくれといわれて降ろした。

友人は暢気に

「可愛かったから連絡先教えてもらったよ」

と嬉しそうだったが俺は何事もなかったので一気に力が抜けその後一週間ほど風邪で寝込んでしまった。

絶対にあの幽霊のせいだ、自分は呪われて死ぬんだと寝込んでいる間ずっと考えていた。

そして先日その友人と件の女性が結婚することとなった。

友人と女性との出会いを他人に話す度に思いっきり爆笑される。

俺としては寝込んでいる一週間は正に死に直面した修羅場だったのに。