やたらと私に絡んでくる、仮名で、A、B、C、D。(本名晒してもいいが一応仮名に)。 
制服のリボンの結び方が生意気で気に食わないとか(自分等は、学校指定されていないリボンをしていた。 
奴らはオシャレだと思っていたらしいが、今思っても決してオシャレではない)、持ちモノにもケチを付けられたりした。 

私は当時は真面目な性格で気が弱くて、掃除をサボったり出来なかったが、奴らはよく掃除をサボって先生に怒られ 
たりしていた。それでいて、「イイ子ぶってんじゃねー」とか言ってきた。風邪で学校休んだりすると、「なにサボ 
ッてんだよ」とか。



ある日、奴らが私を囲んで、「お前つまらねーから面白い話しろ」、「笑わせろ」とか言ってきた。私が、「そんな 
話知らない」と言うと、蹴りをガンガン入れて来て、「なら、怖い話しろよ。チビるくらい怖い話しろ」、「怖くな 
かったらもっと蹴るぞ」とか言って来た。

まぁ、私もバカだった訳で、蹴られたくなくて、「話したくない、言いたくない」みたいな、「知ってるけど話した 
くない」的な感じで言ったら、「話せよ」「話せよ」とか言ってくる。だから、「聞いたりすると体調悪くしたり怪我 
をしたりする。死ぬかも知れない。だからもう話すのは嫌だ」と言ったんです。まぁ、今でいう所の、『コトリバコ』的な感じを匂わせた。 
(『コトリバコ』については本当の怖い話でかなりグロいのでここでは書かない)。当時は、『コトリバコ』なんて知ら 
なかった。すると奴らは面白がって、「話せ」と言うので、仕方なさそうに、『戦時中、日本ではアメリカに対して呪い 
かけようとして、かなりの数の囚人や負傷した兵隊を殺していた』とか、そんな感じの話をした。 

「怖くねーよ」とまたガスガス蹴られた。「本当に危ない。具合悪くなっても怪我しても、私は知らない。御祓いが出来る 
のはおばあちゃんの友達の人だけ。私は御祓いしてもらったから大丈夫だけど」と言ったらまた蹴られた。

で、奴らが蹴り飽きて帰る頃に事は起きた。Aが、学校の階段から足を滑らせて落っこちて、骨折したらしい。(私は先に 
帰っていた。)翌日、Bは高熱を出して学校を休んだ。 

CとDが、「昨日の話、本当なの?」と言ってきたので、「うん」と言った。その日、C、Dも、何かコケたりカッターで 
手を切ったりしていた。夜に、Bが「ごめんねごめんね。だから私達も御祓いして」と電話をかけてきた。だから、「その 
人は御祓いが仕事じゃないから、個人的にこういう事はしない。私はおばあちゃんの孫だから特別にして貰えた」と、断った 
また次に日、C、Dが、「本当にごめんね。もうイジメないから許して。御祓いして」と言ってきたので、Bに言った事と 
同じ事を言った。

Bが登校して来てからは、Bも一緒になって、「御祓いして」と言ってきた。Aからも何度か電話がかかってきたが、断った。 
奴らも私じゃなくて私の親に頼めば良かったのに、それをしなかったのは、バカで頭がまわらなかったからなのか、イジメが 
バレるのが嫌だったからなのかは謎。 

Aも登校出来るようになったら、全員仲良く私に土下座。Aは変なおじぎ。(人生で初めてされた土下座がこれ。)。「御祓 
いして~」と。断りましたが。ずーっと。卒業まで。 

他の同級生達は、奴らが私をイジメていたのを知っていたから、謝っても許して貰えなくて仕方ないとか、自分等も『呪い』を 
かけられたらたまったものじゃないと思ったのか、私や奴らには関わらなかった。

私が奴らに話した話は、嘘。作り話。体調不良になったり怪我をしたりするというのも嘘。死なない。むしろ、大人になって『コトリバコ』 
の話を聞いた(正確には読んだ)時は驚いた。本当にそんな話があるんだって。 

全ては偶然。本当に『たまたま』。なのに、奴らは私の話を聞いたせいで怪我をしたり熱を出したり、些細な怪我まで私の話のせい 
にして、何とか御祓いをして貰おうと媚びてきた。 


最近、本当に偶然、Bに会った。「話、いい?」と言われ、Bの奢りでスタバに入った。 
「今、パート先で職場イジメにあってる(教えてもらっていない仕事をやらされたり、わざと聞こえるように陰口を言われたり)。自分の 
子供も学校でイジメられているみたい。どうしよう?」みたいな話をされた。離婚もしているらしい。 
「中学の頃は本当にごめんなさい」と。 
まだ、あの話を引きずっているらしい。 
「タイヘンナンダネー、ガンバッテー」と言ってサヨウナラしました。