真夏の怪談みたいな経験をしました。

おととしの冬被災してこちらの企業に転職して、借上げ社宅に入った家族が近所に越してきました。

家族構成は夫婦と幼児が二人です。

借り上げ社宅なので近所には同じ会社の人はいません。


越してきてしばらく奥さんが幼児二人連れて公園行ったり買い物に行ったりする姿を見かけてました。

挨拶しても子供達が返してくれるだけで、奥さんはうつむいくかそっぽを向いてみなかったことにされるので近所では、評判はよくなかったです。

でも被害があるわけでもないので生暖かく距離を置いてました。


それが去年の春に近所一軒漏らさずに手紙が入っていました。

「○月○日×時○○自治会館館を借りました。重大な話し合いがあるので全世帯集まるように。」

とあり差出人はその挨拶しないAさんの夫の名前でした。

自治会の世帯全部に出したわけでなく、隣近所十軒だけ出したことが自治会長に訴えた人が調べてわかりました。

○○自治会館の使用許可は自治会長にするのですが、それも出されてませんでした。

そのため夜夫が帰って来ているだろう(車があるのでわかる。)時間帯に自治会長と手紙が来た十軒の代表が訪ねて行きました。


集めようとした理由は

「妻が地域になじめずに子育てを放棄している。そのため子供を隣近所で世話をして欲しいので、その順番を決めようと思った。」

だそうです。

自治会長絶句代表呆然だったそうですよ。

確かに最近幼児二人で出歩いているなと思っていましたが、迷惑かけられることも無くいつも二人で玄関先で座っているか、すぐ近所の公園の砂場で遊んでいたので話題に上がってませんでした。


結局自治会長が手配して、奥さんは病院にかけ子供達は一時預かりで保育所に入りましたが奥さんはよくならず、夫は無責任で保育所に迎えにもいかず

「被災して大変な目に合ったのだから隣近所で助けてくれて当たり前。前住んでいたところではそうだった。」

と言い張りましたので子供は施設に入りました。

奥さんの両親が奥さんを連れて帰ったという話も聞きました。

夫はしばらく一人で社宅に住んでいましたが、去年の年末に会社を辞めて故郷に帰ると言って出て行ったそうです。

だれも確認してないのでわかりませんが。