今まで生きてきて凄く衝撃だった事と言えば、10年ぐらい前のこと。

当時、原付で通勤してたんだけどある日、一時停止を無視した軽トラが路地から飛び出してきてポ~ンと跳ね飛ばされた。

そのあと身体をあちこちにぶつけながらゴロゴロゴロゴロ~ってアスファルトの上を転がって止まった・・・と思ったら左の太腿が熱~くなった。

なんかずいぶん変なポーズ取ってるな~パンツ見えちゃうとか、頭はすごく冷めててその熱くなってる太腿を見たら誰かがつぶつぶコーンスープをぶっかけてやがった。


誰だよ~失礼な~・・・と思ったところで意識が途切れた。

目が覚めたら病院だった。


太腿にはカッチカチに包帯が巻かれていた。

あんなに熱かったから勝手に火傷だと思ってて点滴の交換にきた婦長さんに

「すみません、火傷の痕って残りますか?」

って聞いたら

「へ?火傷??」

って変な顔するから、

「いやあの・・・太腿に誰かが熱~いコーンスープかけて・・・」

って言ったら

「太腿はざっくり切ってましたけど、キレイに縫ってくれてますよ^^」と。

「だってつぶつぶのコーンが・・・」って言ったら婦長さん爆笑。

「あーーーーーはいはい、あれは脂肪だがねwwww」

ざっくり切れた太腿から覗いていた私の脂肪だった模様・・・

あれ以来、つぶつぶコーンスープが飲めんのですよ_| ̄|○