小学5・6年生のころ、友達がイジメにあってるのを見てられず、 
止めに入ったら、自分もイジメにあった。 

「氏ね」「きもい」「ぶさいく」など、一通り悪態をつかれるのは勿論。 
物を壊されたり、体操着を足型だらけにされたりなんてことはしょっちゅう。 
自分だけじゃなく、親のことまで悪く言われるのが何よりも辛かった。 


自分が悪いことをしているわけじゃないし、 
こんなことで学校を休んでられないから、 
親には言わず、体調悪い時も気合で学校に通い続けた。 
幸い一部の人や先生からは、 
正義感の強さや、やられても黙ってるタイプじゃないところがかわれていたらしく、 
虐められてるのに、何故か生徒会長みたいなものを任された。ある意味異例だと思う。 

しんどかったけど、何とか小学校は卒業。 
そのまま公立の中学校へ。

中学に入ってからは、とにかく自分の言動に気をつけた。 
猫を被りまくっていた。 

「あいつ、小学校のころイジメられてたんだぜ、マジきもいわ」 
とバラすやつも中にはいたけど、 
自分が完全にいい人で真面目な優等生を気取っていたからか、 

噂に信憑性がないと判断されたようで、 
「なんでそんなにアイツにかまうわけ?キモいを連発してるお前のほうがキモい。」 
とバラした元いじめっ子が、やり玉に上がり、はぶられる状態に。 

「悪口言ってきた人をたしなめてくれたのは嬉しいけど、 
仲間はずれにしてるのを見るのは悲しいからやめようよ」 
と止めることで、皆ころっと感動し、自分の立場はまた優位に。 

元いじめっ子からも、過去のイジメ行為を謝られた。 


その後、そつなく中学校を卒業。 

高校に入ってから、身なりに気をつけるようになった。 
化粧も少しずつ覚えていったし、短かった髪を胸下まで伸ばした。 
ダイエットもした。10キロ痩せた。 

太っていたころは、お世辞にもきれいと言えなかったけど、 
今は道を歩いていて、大手生保レディや営業会社から、 
ヘッドハンティングされるぐらいの見た目にはなった。 

ある程度自分に自信をもてるようになったから、 
少し前に、小学校の同窓会に参加した。 
もちろん、猫をかぶったまんまで。 

イジメの主犯格だった男子達からは 
「こんなに変わるなら、あの時あんなことせずにアピっとけばよかった」 
「そういえば、素はよかったもんな」 
と言われ、すごくちやほやされた。 

イジメに加担していた、当時学年一可愛かった女子からは 
「えー、●ちゃん?なんか可愛くなったねー」と 
上から目線で悔しそうに言われた。自分が注目浴びなかったからイライラしてた。 

(彼女は男子に見えないところで、気に入らない女子をいびる性悪女だったが、 
八方美人だから当時男子は皆騙されていた。) 

同窓会後、元いじめっ子の何人かから、遊びの誘いを何度ももらったけど、 
「彼氏に心配かけたくなくて…ごめんなさい」と断り続けた。 
ここでも真面目で清い女性アピール。

彼らの誘いをスルーし続けて、優しくて堅実で、頭も稼ぎもいい旦那と結婚。 
旦那は私がイジメられていたことも、性悪で計算高いところも知っていて、 
自分が見栄や体裁のために努力を続けていて、 
全く清いところなんてないのに、それでも受け止めてくれてる。 
今までがんばったんだから、自分の前では自然体でいたら?と言ってくれる。 

男前だし、すごく正義感が強い。 
私にはもったいないぐらいの人だと思う。今は幸せだ。 


今、イジメの事件で騒がれてるけど、 
加害者への復讐として効果的なのは、 
自分がこれ以上にないぐらい、幸せでいることだと思う。 

難しいことだと思うけど、人間変わることはできる。 
もししんどいなら、その場から逃げてもいいと思う。転校だってあり。 

自分も死にたくなったことが何度もあったけど
今は人生捨てたもんじゃないとは思う。 

数日前。 
イジメに加担していた、性悪女が離婚したと聞いて、当時を思い出しながら記念パピコ。 
怖くもなんともなくてスマソ。 

因果応報っていうのが、もし本当にあるならば、 
彼女の場合はそれだったのかもな。