両親が10歳の時に離婚した。母は都会育ちで、父の地元の田舎で暮らすのが苦での離婚だと聞かされ信じていた。(父談) 
何故か中学生の頃、離婚後他県で暮らしていた母が近所に越してきた。まだ父は未練があったのと、母の要望で会いに行った。そしたら見知らぬ子供がいたwwうぇ?誰これ?って思いながらも、10歳下の弟的な子供を可愛がったし父と足繁く会いに行った。 
それが私が結婚するまで続いた。 
私にも子が出来、ハッと気付いた。弟的な子供とピッタリ10歳差な事にバカスww 
矛盾に気付いたアホ娘が父に無理矢理聞き出したところ、母はW不倫して父と婚姻中に身籠っていたと。不倫相手と逃げて再婚、同居したものの強烈DVに耐えかねて逃げて来て父に頼ってただの他諸々。 



うちの父ちゃん糞母と不倫児の面倒全て抱える覚悟があって、母の気持ちが向くのを待ってたんだってさww一途かっ 
私が糞母と縁切りしようかと思ってた矢先にDV男がアボーンした。何かの病気だったみたい。 
さすがに糞母相手でも弟の父親がアボーンしたんだから落ち込んでるよねってことで静観してたら、半年後に再々婚したww知らない男と。 
しかも、再々婚した後に私の妹に報告。事後報告ですわ。 
そんで、修羅場ってのが、 
妹→進学で遠方に一人暮らししたばかりの時期に妹にだけ事後報告「皆に言っておいてー!」&一人暮らし先が母の実家近くで心配してくれてた爺婆の家に行くなと糞母から命令。(爺婆が可哀そうだからとの謎発言) 
父→糞ったれな裏切られ方されたのに想い続けるが、キープ扱い後再度裏切られる。DV男から逃げる支援しまくりだったらしい。主に金銭面で。&何も気付いてあげれなかったアホ娘からいつ糞母と再婚するのかと突き上げられる。 
私→糞母と顔が瓜二つ。その他アホだった自分が憎い。 
そして今、未だに糞母を想い続ける父の気持ちを知る私達姉妹の心境が修羅場です。