義父が旦那の昔からの宝物のキンケシや超合金などその他もろもろ、今ではプレミアつきまくりの物を全部捨ててたらしい 

私自身収集癖があり、そういう宝物、所謂プレミア物って好きなんだ 

旦那同じで、自分の宝物は実家の自分の部屋の押し入れにしまってあったらしい 
結婚前の話なんだが、聞いた時には頭真っ白になった 
「それは……ダメです、お義父さん」 
と、いつもにこにこしてる嫁が、顔面蒼白になり一言呟いたら義父がオロオロしてた 
自分のじゃないし、実家に置いといたのが悪いとは思うが、ハァ……思い出す度に切なくて仕方がなくなる 
喪失感がはんぱない


金銭的な価値から見ても結構な金額だったと思う 
キンケシは復刻ではなく当時のもので相当な数あったのでまん●らけとかだとたぶん2ケタは確実(でかいのも) 
その時の義父と旦那のやり取りはわからないけど、喧嘩とかってよりはがっかり感の方が大きかったみたい 
そもそもが、ちょっと話が通じない義父だから、多少怒ったみたいだけど無理矢理自分を納得させた感じを受けた 
私もプレミアって感覚がわからないだろうと思って、だったらわかりやすく金銭的な価値を多少説明した 
本当のプレミア金額はわからないけど、なんとなくの価値で 
ちょっと凹んでたけど、私の心が修羅場は収まらず……いまだに悲しい