うちは父方祖父母・叔母・父・母という家族構成で暮らしている家で、 
自営業じゃないけど、叔母以外、全員が働いてた。 

そこで生まれた自分は、赤ん坊の頃から叔母に面倒みてもらったこともあり、 
叔母っ子だった。色々とプレゼントももらったし、叔母と一緒に遊んでた。 
でも俺が小学校にあがり、妹が生まれたあたりで、母が専業主婦になり、 
叔母も結婚して遠方に住み、年に数回会うだけになった。 

小学校5年生の冬休みは、妹が小学校入学準備。 
ランドセル買ったら、派手なキーホルダーみたいなのがついてきた。 
それを叔母がとった。とったというか、「ほしいほしい私の私がもらう私が 
もうこれは私のもの」みたいな感じで、ぶんどって抱えこんだ。妹は号泣。でも返さない。 
優しい叔母の姿がガラガラと崩れ、俺も号泣。最後は母がキーホルダー取り返した。 
そこから叔母とは疎遠になった。 


成人して、叔母が亡くなったことを知ったけど、俺が知らなかっただけで 
叔母には盗癖があったらしい。 
「普通の人なんだけれど、欲しくなると、我慢がきかなくなる病気」と説明された。 
ああいうのって、原因も分からないけど、病院行っても何しても治らないんだってな。 
叔母もトラブル起こしまくって、でも死んでも死にきれなくて、今は精神的な 
疾患で病院にいると親から聞いた。 
小さい頃俺にくれたプレゼントも、もしかしたらそうだったのかなと思うと胸は痛い。 
まとまらないけど、そんな話。