今年の秋。義母が蜂に刺されて入院した。 
義両親は二人暮らしだが、元々共働きで家事は時間がある方がする、という夫婦だったので 
義父も家事は問題なく出来る人。 
遠距離のうちも、近距離の義兄夫婦の手も借りなくて大丈夫と言われた。 

義母が蜂に刺されるのは2度目なので、心配でお見舞いに行った。 
刺された翌日だったが、刺された手の甲だけでは無く肘までぱんぱんに腫れていた。 
新聞を取ろうとしたら、郵便受けの中に蜂がいたらしい。 
設巣の季節で気が立ってたのね、不注意だったわ。と義母は笑っていた。 
お見舞いの帰りに義実家に寄って、義父と蜂の巣を探したが庭にも近所にも見あたらなかった。 

しばらくして義実家での家族会議に呼ばれた。 
義兄嫁が蜂を仕込んだのが発覚したらしい。 


一回目の蜂は偶然だが、アナフラキシーショックの危険を知り、わざわざ早朝に仕込みに行ったとか。 
ちょっと信じられない話で、義母と義兄嫁が仲違いしていたとは初耳だった。 
うちは飛行機の距離で、年に一度か多くて二度会う位で良好な関係だったが 
徒歩圏内の義兄嫁とは近くに居る分、色々有った模様。 

義兄嫁がネットで蜂の捕獲方法や、冷凍スプレーで気絶させて何時間で目を覚ますか、等を調べていた事 
実際に蜂を捕獲する姿を目撃されていた事、早朝に義実家前に居るのを目撃されていた事。 
その際、防護用の手袋や蜂を入れていた容器を持っていた事、それらをネットで購入していた履歴、等から 
義兄嫁も、義母の暴言の録音を大量に持っていて、義父呆然。義兄真っ青。私達夫婦ポカーン。 

義兄夫婦は離婚しましたが、暴言の内容の酷さから、私達夫婦も以前のように義母とつき合う事が出来ず 
今年の年末年始は帰省しない事になりました。