大学時代、彼氏の家で遊んでいて急に友人と会うことになり、 
彼が車を貸してくれるというので借りて会いに行った。 
話も尽きず、うっかり友人の終電がなくなってしまったので 
友人の家まで車で送っていった。 


そこから1時間くらいの距離にあるはずの彼氏の家に向かうべく、 
走ったことがない真っ暗な道をよく道がわからないまま車を進ませた。 
途中、○日~○日まで工事のため云々という看板を見かけた。 

そのまま走らせていたところ急に道が狭くなり未舗装の道に迷い込んだ。 
看板を思い出して、ああ、これのことかなと勝手に思ってそのまま走らせていたら 
行き止りになった。 

一本道で回りは雑木林っぽくてUターンもできない。 
ふとそこにヘッドライトをつけて車が入ってきた。 

「あーあ、この人私が道を知らないとは思わずに、後ろを走ってきちゃったんだな」と思って 
車から降りて行き止まりですよーと教えようとしたら 

ズボンのベルトをはずしチャックを降ろしながら車から出てきた。


ズボンのベルトをはずしチャックを降ろしながら男が車から出てきた。 

キャーと叫んで、もう本当に怖くて急いで車に戻り 
運転席と助手席の鍵をかけた。 
が、車はジムニーで、荷台の鍵は外からしか閉まらない仕様で 
鍵は開けっ放しだったことに気がついたのがまず修羅場。 

ズボンを脱いでやってきた男は運転席の外からドアをガチャガチャしながら私を無表情で見てる。 
本気で、姦される!!その後殺されるかもしれない!荷台に回られたら私はおしまいだ・・・・と思い 
いやあああああああああと泣き叫んだ。 

そして錯乱している私は携帯電話を取り出して110番した。 
電話をかけながらなんとか脱出を試みて、車をバックに入れて発進させた。 
が、当然車は男の車にぶつかって動かなかった。 
脱出できない!!車ぶつけた!! 

そこに110番がつながり、警察官がどうしました?と聞いたので 
錯乱状態の私は、 
「車をぶつけたああああああ!!!きゃああああこわいいいいいいい 
ころされるううううううううううああああああたすけてえええええええわあああああああ」と 
泣き叫んでた。 
警察官は冷静に、そこの住所はどこですか?と聞くのだが私は 
「ここはどこおおおおおおおええええーーーーんわからないいいいいいぎゃああああああこわいいいいいいいい」 
と叫んでいるだけだった。

と、急に男はぶつけられた車が気になったらしく車に戻っていった。 
そしてそのまま車に戻り去っていった。 

助かった・・・と放心状態の私は「もういいです」と電話を切って 
ガクガク震える手と足でなんとか車を運転し彼氏の家までたどり着いた。 
そこで一部始終彼氏に話をしたら「へー」と言われただけだった。 

翌朝、激怒した彼氏に叩き起こされた。 
「おい!車どうしてくれるんだ!!!」 
確かに車はぶつけたけどそんなに激しくはなかったし 
もともと15年落ちで何度もぶつけていて修理もしていないし窓ももう開かないような古い車だったので 
怒っていることに驚いていたら 

「窓に精○がぶっ掛けられてるだろーが!!きたねーな!!お前、すぐに洗車しろよ!」と怒鳴られた。 
これが第二の修羅場。 

謝って洗車場に持っていったけど、少しの心配もなく激怒されたのにショックだったし 
洗いながら昨日の恐怖も思い出し泣きながら一人で洗った。 

その夜、彼氏と共通の友人たちとの集まりがあったので 
少し話してみたら、俺の家近かったから電話くれたら送っていったのに。とか 
でも、無事で本当によかった。とみんないってくれて、 
友人に「よかったな、彼女に何もなくて。」と聞かれ 
彼氏は自分の対応を思い返したらしく、あ、ああ。とバツが悪そうにしていた。 

このことは未だに生まれてきて一番の修羅場だったと思う。 
強姦→殺されるって思って本気で恐怖だったよ。