昔住んでいたところであった修羅場。 
嫁いびりをし続けていた姑が、キレた嫁に刺された。 

真っ昼間、姑が背中に包丁突き立てられたまま家に逃げ込んできた。 
そのあとをナタを持った嫁が追いかけてきた。 

父が必死で止めてた。 
俺干し柿喰ってたけどびっくりして落とした。 


そのあと立場が逆転した姑は、ひと言でも嫁に逆らうと 
真冬でも外に追い出されていた。 
よく家で保護した。 

大昔の田舎の駐在所のそんな思い出。 
干し柿は犬に喰われた。