集中治療室に祖父が入り、もう今日明日か死ぬかも、って時 
ずっと祖父と暮らし介護してたのは自分の母と自分だったけど 
月イチも来なかった親戚がここぞとばかりに集って 
叔母A「お父さんがこんなことになるなんて、○○(自分の父、故人)があんな女(自分の母)を嫁にしたからだ」 
叔母B「集中治療室に入るまで放っておくなんて、酷い!」 



集中治療室は、当たり前だが他のにも重病人がいて、その人たちの家族もいるんだが 
叔母Aの旦那「なぜ個室じゃないんだ。あんたたちは義父さんをなんだと思ってる。金をケチってる場合か」 
叔母B「息子(車で1時間ほどの距離に居住)が、息子がまだ来ない。事故に遭ったかもしれない。どうしよう」 
叔母Bの娘「お兄ちゃんに何かあったら、どうしたらいいの」泣き出す 
叔母Bの旦那「そもそも、義父さんをこんな目にあわせたコイツラ(自分と自分の両親)のせいじゃないか」 
他の患者さんと家族、医療スタッフの迷惑になるので、集中治療室から出てくれと促したら 
叔母A&B、「よくもこんな時に」と叫びながら自分に殴りかかってきた。

祖父に遺産、なんてものはなかったです。 
年金+自治体の共済の保険で医療費を払い葬儀を払った(足りない分は母と私で補填)。 
でも、叔母A&Bは「そんなはずない。金遣いの荒いあんたたちが使い込んだに違いない」 
お通夜で、誰かれかまわず参列してくれた人たちに、私と母の悪口言いまくり。 
葬儀の席では、介護を手伝いもしなかったのに泣き女みたいにド派手に泣き、 
49日では「これであんたたちとは絶縁ね。スッキリ♪」と捨て台詞。 
絶縁はこちらもありがたかったけど、もっと早くに絶縁しておけばよかった