新婚の頃に帰りが遅い夫を浮気してると疑った。

でも夫を信じたいし、怖くて追求できなかった。

そんなある日、夫から大事な話があると、離婚を言い渡されると思って私は涙目。

でも実際は違った。



私の姉が浮気をしてる、何か知らないかって義兄から相談があった。

いろんな経緯があって、夫が義兄に協力することに。

それで浮気の証拠を掴んだので、姉と義兄は離婚するだろうと。


夫は私の姉を罠にはめるような事をしてすまないと私に謝罪。

状況がかなり悪質で野放しにできなかった、中々言い出せなかったと釈明。

斜め上のさらに斜め上展開で私はポカーン。これが私の修羅場。

その日は頭がパニックだったんだけど、翌日は冷静になっていた。


それで後日、姉夫婦、私夫婦、私両親、義兄弁護士で話し合いをした。

最初は義兄、夫VS姉、私両親の図式だったけど、証拠を出された途端に姉の味方がいなくなった。

姉の三股以上の不貞を聞いた父は涙を流して、母は姉を罵った。

姉は号泣で過呼吸気味。

義兄が泣いて話ができないから、代わりに夫と弁護士が話を進めていた。

事前に夫からある程度聞いていた私は終始傍観者、晩ご飯の献立を考えていたとおもう。

みんなは修羅場だったろうけど、姉に愛想が尽きたこの日の私はそんなに修羅場ではなかった。