ある劇場でアルバイトを初めて2週間の頃。

その日の仕事は客席案内。

私の働いていた劇場はロビーの飲食は可能だが、ホール内は飲食厳禁。


たまに座席で飲食をしているお客さんもいるが、注意をするとほとんどの人が「すいません」と言って、食べるのをやめるかロビーへ移動してくれる。

ある日、座席で飲食をしているおばさん3人組がいた。

「申し訳ございませんが、飲食は禁止となっておりますのでご遠慮いただけますか」

と声をかけたところ、

「はあ?なんで?知らない知らない」

と言って、食べるのをやめない。

私が「お手数ですが、ご飲食はロビーでお願いします」と言うと、おばさん達は大騒ぎ。

おばさん1「やだ、面倒くさい。もう始まっちゃうじゃない!(まだ開始まで15分ほどある)」

おばさん2「だめならだめって先に言ってよ!(ロビーで散々呼びかけたし、張り紙もしてある)」

そして極めつけにおばさん3が、「アナタ今、遠慮してって言ったね?じゃあ、遠慮しません!」と言った。

バイトを初めて日も浅かったので、何て対応すればいいんだろう…と混乱してしまい、「申し訳ございませんが…」と半泣きになりながら移動をお願いするも、完全無視。


すると、そのおばさん達の後列に座っていたダンディーなおじさまが、

「すいません。あなたたち、ちょっと常識無いですよ。」

とおばさん3人組に向かって一言。

おばさんたちはびっくりした顔をして、「!!!!す、すいません…」と言ってロビーへ退散していった。


おじさまに「ありがとうございます!お客様にご不快な思いをさせてしまい、申し訳ございません」と言うと、

「いいんだよ。あんな客がいたら大変だね。」
と笑顔で言ってくださった。


休憩中、先輩にその出来事を話すと、

「え…ダンディーなおじさまって…もしかして、こんな方だった?」

と言って、数カ月後に公演予定のチラシを出してきた。

なんと、さっきのおじさまの写真が載っているではないか!!

この方です!!とびっくりしていると、

「この方はTVにはあまり出ないけど、舞台俳優として結構有名な方だよ。素敵な方なんだね…。」

とうっとりする先輩。

先輩はもぎりの時に見かけて、ずっと気になっていたらしい。

おばさんたちがびっくりしていたのも納得。

私は当時全くお芝居に興味がなかったので、全然気づかなかった。

しがないバイトを助けてくださった俳優のお客さんの武勇伝(なんでしょうか)。

今度裏方としてですが、その俳優さんとお仕事をすることになったので記念に。