久々に義実家いったら、まだまだてきめんだったDQN返し。

「お花に詳しい、女らしいワタシ」

がだーい好きなトメ。

だから、植木職人を父に持つ・華道師範である私の母が嫌い。


そんな環境で英才教育された、しかもムスコタンを奪った「嫁」の私のことはもっと嫌い。

いつも我が家に突撃しては花を持参しクイズを出す。

私だって花は好きだけど、この世の全ての花を知ってるわけじゃないし
「このアジサイは何て名前(品種)だったかしら?」

「このバラの原産はどこだったかしら?」

とか、知らねーよ!

もちろん、買ってきたトメは知ってるから、まぁ嫌みったらしくご高説をのたまうのたまう。

「あらっ、お母様お詳しいのに知らないの~?どこのお花屋さんでも売ってるわよ~?お母様お詳しいのに~(お気に入 りのフレーズ)」

「常識でしょ?常識!あ、ごめんなさい、私ったら、子供の頃からお花が大好きで~(以下、おしとやかトメ少女時代話の話。毎回言う)」

見栄なのか何なのか、持ってくるお花は高級そうなのばかりだし。

男系家族で花トークできなかったのね、あら可哀想な人ワロスワロスでスルーしてたんだけどやっぱり週2ペースで来られるとイライラする。

アポなしだし。

で、あるとき、鬼籍の祖父を侮辱しやがった。

「私なんか家事をパパっと片付けて、お庭のお手入れできるのに。お庭の手入れだけで半日かけるって、お爺様、要領悪すぎじゃない?」

職人なめんな。
仕事の質が違うんだよ!


祖父が請け負っていた日本庭園と、ベランダ菜園をそのまま路地にしたようなトメの庭とを同列にされたこともムカついた。

なんか、それでブチっと来て、やってしまいました。

緑の爆撃。

水撒きとか手伝わされて、うんざりしてた旦那もノリノリだったし。

トメがいない義実家に行って、ウトさんに許可とって(トメ、園芸関係で散財してた模様)、庭に植えてきました。

葉っぱだけのやつだと毟られると思い、キレイなお花が咲くやつにしました。

そしたら、何にも知らないトメ、

「鳥さんの落し物♪」

とせっせと世話し始めたw

花屋さんで売ってるの見て

「ウチで勝手に生えてきたんだけど、あんな値段するのね!鳥さんに優しくしてたご褒美かしら」

だってw

植えたのは琉球朝顔です。

温暖な気候で、しかもトメが甲斐甲斐しく世話したので、じわりじわりと勢力を広げ、庭側の壁を占領しています。

庭に足を踏み入れられない感じで、そのせいか、今はもう園芸トークしてこなくなったし、かなり自由w