大学生の時の修羅場です。

大学生の頃、夏季休暇になるとひまなので、昼間だけのバイトを探していた。

自炊するのが嫌で、賄(まかない)付のをピックアップするといいバイトが。。


高給で2食付の高待遇しかも近所の徒歩5分のパチンコ屋に決めた。

朝9:00~18:00までのホール係り。

仕事はハードだが金は溜まるし昼夜のごはんも付くしウハウハ。


職場のみんなからも可愛がっていただき、中でも主任、主任の奥さん、班長には、飲み屋さんに連れて行ってもらったり、4人でカラオケなんか連れて行ってもらったりした。

夏休みも終わり、学業優先で皆さんとはさよならしました。


冬休みには、実家に帰ろうとしていましたが、パチンコ屋のオーナーから直接電話が掛かってきて、是非とも来てくださいとのこと。

迷いましたが、お世話になった主任、班長などもいたので再びバイトすることに。

すると班長も主任もおらず、主任の奥さんしかいない。

他のメンバーに所在を聞いても、軽くあしらわれたり、シカトされた。


あんなに仲が良かったのに離婚?それとも駆け落ちなんておもっていましたが、もやもやした気分を抑えきれず、賄を食べていた時に、賄のおばちゃんに思い切って聞いてみた。

「主任や班長」どこいったんですか?

すると賄おばちゃんは

「あんた知らんの?この間の社員旅行で班長が主任のこと殺したんやwミャハ」

「今は刑務所の中やわwwほれこれ見てみ新聞載ってとるわwミャハミャハ」

と笑いながら話してくれた。

笑って話すことかよーと思って青い顔をしているとタイミング悪く、主任の奥さんが部屋に入ってきた。

ヤベーと冷や冷やし目をそらしていると

「そやねんw慰謝料ガッポリ取ってやるねんwミャハミウフ」

「これから遊んで暮らせるねんwww」

オーナーからは強く引き留められましたが、その日のうちに実家に帰りました。

亡くなった主任の悲しい気持ちより、命の軽い職場のショックが大きく二度とパチ屋には行かないと心に決めた21歳の冬でした。