10年以上昔の話な上に自分の修羅場じゃないけど。
役所で住民票をとるために窓口にいたら、隣で戸籍の写しを申請していた50代くらいのおばさまが
「えっ?」と叫んで胸を押さえてうずくまってしまった。息が荒く苦しそう。

椅子に座らせて介抱してる間、聞こえてしまった係の人との会話によると「いつの間にか離婚届を出されていた!」と。
自分と子どもの戸籍抄本をとろうとしたら「子どもは旦那戸籍にいるけど奥さんは離婚届により別の市に
新戸籍があるのでそちらで申請してくれ」と説明されてびっくりしすぎて倒れたらしい。
自分の知らないうちに離婚されてたら驚くよねぇ、同居してるらしいのに旦那になにがあったのか…


でも5分ほどで持ち直し「家で事情を聞いてきます!」と般若の顔で立ち去ったよ。オバさん強い。

さすがにその後は知らない…と言いたかったが、気になってそのオバさんの近所に住む
知り合いにさりげなく訊いたらその後も夫婦として住んでいるらしいからもう一度婚姻届出したと思う。
離婚届を出したのは赤の他人じゃなく旦那だったので、その意志のない奥さんの署名を偽造したら
本来は罪になるんだろうけど…(そんな説明を係の人がしていた。オバさん動揺して聞いちゃいなかったけど)
そこはきっと複縁することでなぁなぁにしたのかと。田舎でもこんなことあるんだーと思った。