もう10年以上前の話ですが、当時私は新人看護師で寮に入っていました。この寮は格安家賃ですが、共同風呂・トイレ、築何十年もの古い建物です。でも一応ちゃんと寮母さんもいて、男性は入ることができず、家族なら寮母さんの許可をもらわないと入らせてもらえませんでした。

ある日、寮の前に一人の男性が立ってたんですが、誰かを待ってるような感じで、それから時々見かけるようになりました。あとからA先輩のストーカーB男だったと聞きました。

A先輩はB男をガン無視。まったく相手にしてなかったそうですが、ある日手紙を渡されたそうです。その内容が「A先輩とB男の人生プラン」だったそうです。
「出会い~付き合う~結婚(A○才、B男○才、式場は××)、ハネムーンはハワイ、そこでハネムーンベビーを(ハァト)A○才で出産、二人目は○才で。子ども二人出来たら念願のマイホームを建てる。場所は××で二世帯住宅。・・・」と、B男が死ぬとき看護師のAに看取ってもらう、てところまで延々。
当時はまだ今ほどストーカーについては認識が甘く、先輩自身も拒否&無視してればいいか、という認識だったそうです。が、BはそんなA先輩の態度を「恥ずかしがってて素直になれないんだね、可愛いなぁ」と脳内変換。(ストーカーってこういう思考みたいですね)


そして、ボロくて有名な看護師寮。先輩は3階に部屋を借りてたんですが、ある日Bが侵入!雨どいを伝って窓から部屋に入ってきたそうです(; ̄□ ̄)!とはいえ、3交代勤務の看護師ばかりですから、夜中といえど誰かは起きてます。異変に気付き、ギャァアーー!!誰か来てー!!ドロボー!殺されるー!!とすごい悲鳴があがり、A先輩は少しケガしたものの大事には至らず、Bは逃走。結局すぐ捕まりました。
B男の動機など理解したくもありませんが「Aは自分から気持ちを打ち明けることができない、ならば、夜ば○だ!男子禁制の寮に危険を冒して会いに来る俺カックイイ!」とかだったんでしょうか。

当時私は夜勤中だったので、この事件の時は寮にはおらず、朝の申し送りで「看護師寮に泥棒が入ったので、寮生は気をつけて」と聞き、(その時はB男とは特定してなかったようです)勤務が終わって帰ってきたときに警察がきてていろいろ現場検証とかしてたので、不謹慎ですが「おぉ…ドラマのようだ」と変な感覚だったのを覚えています。その後、事の顛末を聞いてガクブルしましたが。

A先輩はしばらく仕事を休んだあと、無事に復帰されましたが、寮は出られました。

余談ですが、このBとは別件でこの寮で下着泥棒が出て、私の下着も盗られかけました。外から見えないところに干してたのに。下着泥棒は現行犯逮捕&自宅に窃盗下着ザクザクでお縄になり、私も裁判に呼ばれました。
白のレースのパンツだったんですが、法廷で「この白のパンティで間違いありませんね?」とかパンティを連呼されたのと、私のパンツが晒しものにされてるようで、当時20代前半だった私はものすごく恥ずかしくてひとりでプチ修羅場でした。下着泥棒は中年のおっさんでしたが、法廷に奥さんと幼児二人連れてきてて、こういう父親の姿を見せられる子どもって大丈夫なの??とこれも衝撃的でした。

もう今は寮も取り壊され、きれいなマンションになっているようです。思えばセキュリティゆるゆるの寮でした・・・。
自分も含め今では考えられない防犯意識の低さです。今は自分はセ○ム入れてます。こういう目に遭うと、過敏反応しすぎるときもあるのですが、他の泥スレや記事も見てると用心に越したことはないのかな、と思います。