既婚父と未婚母が不倫して俺誕生
父は認知拒否し、慰謝料払って母と別れる
母はシングルマザーになったが、育児は今思うとネグレクトに近い状態だった


でも小学校に入る頃、母親が再婚
義父はすごくいい人で俺を可愛がってくれた
母もそれまでやってた水商売をやめて普通の母親並みに世話してくれるようになった 
「この毎日がずっと続きますように!」って毎日祈ってた

ところが小学3年のころ、母の妊娠をきっかけに義父の態度が変わった

普段は空気みたいに無視されて
「実の子と同じように接する自信がない」とか
「これから金がかかるのにいらん奴を食わせてやってる」とか聞こえよがしに言われた

母は俺のことより今の安定した生活を守る方が大事、って感じで
義父に同調するように「ほんと困るよね~この子」とか愚痴ってた
子供ながらに、だんだん家の中で身の置き所がなくなるのを感じて過ごしてた

これが第1の修羅場


そんなある日、実父の両親(祖父母)が突然現れた
どうも実母が連絡取ったらしい
実父は数年前に事故で死んで、子供はいなかったとのこと 
祖父母は忘れ形見として俺を引き取りたいと申し出た

そしたら両親が急に
「今まで必死で育ててきたんです」「私たちにとっても大事な子」 とか言い出した 
祖父母が事業やってて結構な資産家だったんで、
今までの養育費的なもんが狙いだったみたい 

結局、両親がまとまった金ゲット、俺は祖父母の所に行くことで決着 
両親の元を去るまでの数日間、両親が急に優しくなって 
何かというと「お前のためを思って仕方なく決めた」とか「自分たちも寂しい」とか 
言っててくるのがすごく気持ち悪かった 

義父はもともと悪い人じゃなかったのに、
無理やり笑顔をこらえてるみたいな顔が卑しいというか薄気味悪いというか 
最初は自分を救ってくれた神様とさえ思ってたから 
母が「お金入ったら新車買おう」ってはしゃいでるの見るよりずっときつかった 

これが第2の修羅場

んで、いざ祖父母のところに行ったら同居の叔父(実父の弟)夫婦が猛反対
祖父母は俺を養子にするつもりだったんだが、そうすると叔父に行く遺産が減るってことらしい 
とはいえ今さら俺を返せないし、最終的に俺はなぜか叔父夫婦の戸籍に入ることに 
叔父夫婦には俺の1歳下の男の子がいたし、まったく望まれてない養子入り
祖父母と同居だったけど、2人の目がないところでは随分いびられて針のむしろの生活だった 

金銭的に苦労しなかったし十分ありがたいと思わなければならないんだが 
洗濯、食事、入浴、学校の教材購入と、何か一つするにも気を使い嫌みを言われる毎日

それでも祖父母が健在のうちは良かったが、中1のとき祖父が急死して 
祖母は叔父の言いなりだし、中学卒業するまでは本当につらかった 
バスケ部だったけどバッシュ代とか遠征費とか無理で辞めた

この辺が第3の修羅場

高校入る時に出てけと言われて、
卒業までの学費と最低限の生活費だけもらって追い出された 
養子に入った後に生まれた妹にいたずらでもされたらと心配だったらしい

引っ越したぼろいアパートで1人になった瞬間、万歳三唱したわ 
高校卒業した時あいさつに行って以来、一度も家には行ってない 

未成年のうちは各種手続きの書類を書いてもらうための手紙のやりとりはあったけど
成人してから引っ越したし、先方と関わることは二度とないと思う

まあ、自分にとっては「どこにも居場所がないんだ」っていう思いを強烈に持ち続けたことが 
何よりの修羅場だったという話