学生時代、酷いイジメをした女子たちがあまり幸せではないことを知った。 
自分が幸せになる事が十分すぎる復讐だと、しみじみ味わい暮らしている。 


借金王の旦那との苦しい結婚生活、離婚で日々の生活に苦悩etc 
あらあら大変そうね、と涼しい顔で思いながらお茶を飲んだりしてる。 


自らを曝して妬まれたり、また陥れられたりも嫌だから、と、 
20代30代前半は、彼女らに見つからぬようにこっそり暮らしていた。 

その時期が過ぎると、見せびらかす事が復讐かと思った瞬間も来た。 
結局、見せびらかさなかったけど。 

そんな衝動も過ぎ、今や、もはや住む世界が違う人間だから、と 
達観して暮らしてる。心平穏な日々。