年つきあった彼女が去年急に変になった。
それまで俺が勧めたジョジョやハンターハンターも読まない子だったのに
友達に勧められたとかで深夜アニメを実況しながら見てるうちハマってしまったらしい。


あれよあれよと言う間に様子がおかしくなり
俺とそのアニメキャラを比べて、俺よりそのキャラがどんなに素敵かを滔々と述べ出したり
変な口調で話しだしたり(たぶん、なりきりってやつ)
俺がそのアニメに興味ない態度をとったら本気ギレするようになった。

最終的に彼女が、彼女の会社の上司の方が
俺よりそのアニメキャラに年が近く、立場が似ているから好きだとか言い出し
毎日のメールでその上司の一挙手一投足を俺に報告し
「まったくおじさん(上司のこと)は最高だぜ…ふみゅうーー!」だの
挙句の果ては上司の尻の形が良くてどうこういう猥褻メールまで届きはじめた。


さすがに呆れて
「あのな、こんなメールもらって俺がどんな気持ちになると思う。
どういうつもりで送ってるか知らないが、そんなに上司がいいならそっちに鞍替えしろ」
と真面目に直談判した。
しかしわけのわからないことを反論されてキレられた挙句、
彼女の好きな上司に比べ俺がどんなにダメで、
頑張りの足りない、平凡な奴で、愛想がつきたかえんえんと泣きながら説教された。

最後の会話は
俺「わかったもう会わない。それでいいか?」
カノ「それでいい。私にはおじさんがいる。あなたはもういらない」
というものだった。
俺たちはすっぱり別れた。

それから四カ月。
先週その元カノから「バレンタインはどこ連れてってくれるの?」とメールが来た。
ハァ?と無視していたら
「返事して」
「あのときはごめんなさい、どうかしてた」
「私にはあなたしかいない。今年のチョコは手づくりだよ^^」
と続々とメールが届き始め、
「上司と付き合ってるんじゃなかったのか」とつい返事してしまった。

彼女の返事
「上司のことは元々なんとも思ってない、アニメのキャラと立場が似てただけ」
「あんなハゲ中年と付き合いたいはずがない」
「アニメ熱も冷めた。今は現実のあなたしか見てない」

俺の返事
「いや知らんし」
「俺みたいな平凡で無能な会社員は嫌なんだろ。他をあたって」

彼女
「あれは一時のノリで言っただけ」

「ノリでつまらん男と2時間も罵倒されて我慢できる男がいるはずないだろ。もうメールしてくんな」

彼女
「ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい」

俺→着信拒否

ここまでが先週の流れ。謝ればまたモトサヤに戻れるだろうとナメくさってた元カノと
そこまでナメくさられてた自分に一番腹が立つ。
上司にフラれたのかなんか知らんが、チョコ1つで戻れると思ってたのかよと。
今もアド変えてメール来てるがいっさい無視してる。