6年ほど前の今頃は、花屋に勤めていた。

毎日エプロンをつけて店先に立っていた。

ある日、小学校一年生ぐらいの女の子がひとりで花を買いに来た。


淡いベージュのセーターにピンクのチェックのスカート。

肩の辺りで切り揃えた髪が、動く度に揺れて愛らしい。

フラワーキーパーの前に立ち止まり、真剣な面持ちで花を選んでいる。


母の日でもないし、クリスマスでもないし、何のプレゼントかなぁと思って、しばらく様子を見ていた。

あっちを見たりこっちを見たり、あまりにも一生懸命でなかなか決まらない様子だったので、

「誰かにプレゼントするの?お誕生日?」
と声をかけてみた。

少女は首を横に振る。

「お母さんにあげる」
と言う。

「お母さんお花が好きなん?」
と聞くと、今度は首を縦に振る。


こんなおっさんが相手したら緊張して言葉にならないかなと思って、ニコニコ笑顔をがんばってみた。

しかし、少女の口から思いがけない言葉を聞いて、胸がつまった。

「パパが死んじゃったの。ママ元気ないの。だからお花あげるの。」

そんな言葉を口にしながら、一生懸命お花を選んでいる。

泣きたい気持ちで爆発しそうになった。

「そっかぁ。。。お母さんきっと喜ぶねぇ。」

笑顔を頑張れなくなってきた。


それから色々話を聞いてみると、つい最近お父さんが亡くなったこと、お母さんが時々泣いてるのを見かけること、おばあちゃんに、お母さんがどうしたら元気になるか聞いたら、お花がいいよって教えてもらったことがわかった。

レジの後ろへ駆け込んで、しゃがみこんで急いで涙を拭いて、パンッパンッと頬っぺたを叩いて気合いを入れなおした。

「どれにしよっか?お母さん何が好きかなぁ?」

「これがいい。」

指の先にはチューリップ。
鮮やかな明るいオレンジ色。

「うん、チューリップかわいいね。じゃあ、リボンつけるからちょっと待ってて。」

女の子は大人しくじっと見ている。

「お母さん早く元気になるといいね。」

「うん。」

出来上がった花束を大事そうに抱えて、ニッコリ笑ってくれた。

「ありがとう」

「気をつけてね。バイバイ」
と言って手を振った。

元気よく手を振りかえしてくれると思ったら、ぺこりとおじぎをした。

小さな女の子が頭を下げる姿を見て、限界に来た。

どしゃぶりの雨のように涙が溢れて止まらなくなった。

もっと他に言ってあげられることはなかったか、してあげられることはなかったか。

そんな時に限って何にも出てこない。

急に思い立って、駆けていく少女を追いかけた。

「ちょっと待って!」

振り返ってきょとんとしている。

「ちょっとだけ待ってて。」

店に入ってきたばかりの小さな小さなチューリップの鉢植えを急いでラッピングして、メッセージカードに「はやくげんきになりますように」とひらがなで書いた。

その時初めて名前を聞いた。

「みかより」と書き添えた。

「これもいっしょにプレゼントしてあげてな。これは親指姫っていう名前のチューリップやねん。かわいいでしょ?」

「うん。ありがとう。」

もう一度、さっきより、もっといい顔をしてくれた。

「バイバイ。ありがとうね。」

「バイバーイ。」

花よりも何よりも、輝くように明るい笑顔だった。


後日、お母さんと、おばあちゃんと、みかちゃんが店にやってきた。

わざわざお礼を言いに来てくださったのだ。

ピンクのチューリップで花束を注文してくださった。

「この子はピンクが好きなんです。私がオレンジ色が好きなものですから、こないだは
オレンジを選んでくれたみたいで。」

みかちゃんはただニコニコしている。

花束を本当に嬉しそうに抱えながら、お母さんとおばあちゃんを交互に見上げる。

「よかったね」

おばあちゃんが頭をなぜる。お母さんは優しい顔で見ている。

「うん!」

お母さんはきっと元気になられたことだろう。

小さな小さなみかちゃんの笑顔は、今も明るく輝いていることだろう。