昨日子供と借りていたDVDを返しに出掛けた。

その店は一階に本、二階にレンタルスペースがあり、いつもなら旦那と出掛けていて、旦那がベビーカーを持って上がっていたが、昨日は私と子供の二人。


ベビーカーで来たのは失敗だったなと思いながら、ベビーカーを畳もうとしていたら、

「俺持ちますよ」

と後ろから、どう見てもヤンキーの高校生の男の子に声をかけられた。

「上に行くんすよね?返すだけっすか?だったら俺が代わりに返しときますよ。あ、何か借ります?ついでに行ってきますよ。ちょっと待って下さいね、今メモ捜すんで」

と、自分の鞄を漁りだした。

まさか声をかけられるとは思っなかったし、状況についていけず、ただビックリして固まっていると

「見た目怪しいっすけど、まともな高校生っすよ。もうすぐ妹が生まれるんで、子連れさんをほっとけなくて。なんでも言って下さい。すぐに借りてくるんで。兄貴がレジやってるんで大丈夫っす。妊婦さんが無理しちゃダメっすよ」

と、顔を赤くしながら、早口で話しだした。

私はそんなつもりで見ていたのではなく、ビックリしたことを伝え、お言葉に甘えて借りていたDVDと会員カードとお金を渡した。

彼は私が伝えた題名を油性マジックで手のひらに書くと

「これ人質です。すぐ戻ってくるんで待ってて下さい」

と言って、鞄と携帯を置いて階段を駆け上がっていきました。

少ししてから階段上の吹き抜けから、彼とお兄さんらしき人がこちらを覗きこみ、私が会釈すると、お兄さんが頷いて、彼が戻ってきました。

本当に急いでくれたようで、肩で息してました。

私はお礼を言い、外の自販機で構わなければジュースを奢らせて欲しいと伝えると、最初は受け取れないと言っていたのですが、店内のチュッパチャプスの自販機を指差し

あれ彼女が好きなんで、あれでもいいですか?

と言ってくれました。

彼は百円だけ受け取り、失礼しますと言って去っていきました。

いい人に会えたな~と思いながら店を出ると、彼が追いかけてきました。

「自販機のクジに当たって、飴が五個出てきたんで一個プレゼントです。あの、赤ちゃん触ってもいいですか?」

私が了承すると、彼は手を制服の裾でゴシゴシと拭い、娘の手にそっと触れました。

「柔らけ~。爪もメッチャちっちぇ~。かわいいなぁ~」

と見てるほうも幸せな気分になれるような、とろけるような笑顔で、呟きました。

彼は恥ずかしくなったのか、耳まで赤くして

「失礼します。彼女が待ってるんで。出産頑張って下さい」

と直角にお辞儀をすると、そのまま駅のほうへ走っていきました。

いいお兄さんになるだろうなあ