若かりし頃 スノボに行ってアイスバンでスっ転げた。
自分の肘が脇腹に入り余りの痛さに病院へ→レントゲン撮ると肋骨ちょびっと骨折だった。

痛がり呻く私に当直だった整形外科医がバカにしたように
「wwちょっとの骨折で大げさな!痛がりですか?」と言いながらグイグイ腹を押さえ触診。
あまりの痛さにグエグォ呻き息も出来なかった。
母が「この子は我慢強い子なんですが」と言ってたのでちょっと笑った。
そして念のため2日入院。
退院する日の昼過ぎに帰る準備してたら看護婦さんと外科医が3人集まり
「今から絶対安静です!内臓(脾臓)破裂してたので緊急手術です」と言われた。
内出血で2L以上出ており(致死量近い)危険な状態で身内の血液型を聞かれた。
外科医の後ろに腹をグイグイ押さえた整形外科医がテヘペロな顔で立っていた。
タヒねと思ったのが第1の修羅場。
退院してたら死んでた。


最初の退院予定だった日に友達がお見舞いのケーキ、会社の人がスペシャルフルーツ盛り合わせ持って来てくれたのに
絶食だったから全部妹が美味しく頂きましたと感謝されたのが第3の修羅場。
まだ寝たきりだがようやく水と薬は飲めるようになった時、
母が薬を準備してくれ「良くなってきて良かったわ~」と言いながら母が飲んだ。
「アララララ!?!?!?アレ?薬飲んじゃった!グフぅ~」ってorz笑って傷が開くかと思ったのが第4の修羅場。
(笑うと身体じゅう激痛だった)
あと、当時付き合ってた彼氏が翌日お見舞いに来るはずが
徹夜でゲームして眠いからって来なかったのが心の修羅場。
死ぬとこだったのに!って言ったら「でももう大丈夫なんでしょ?」って
この人とはもうダメだと思った。
最後に、入院保険が下りたので新しいウエアとショートスキー買ってまた滑りに行ったのは母にとって修羅場だったと思う。