自分をいじめてきた女子どもと同窓会で再会した 
席がよりによってくじ引きで、数人座った中に一人~二人当時の担任や教科担当が混ざるというスタイルだった 

当時と変わらない喪っぷりに明らかにpgrしながらこちらを見てくる女子ども 
水面下で行われていたことだったので何も知らない当時の教科担当が 
「いやあ久しぶりだなー、お前達は今何をやってるんだ?」とにこやかに聞いて来て、 
教科担当の横に座っていた私から近況を報告する事になった 


「ああ、××高校(市内有数の進学校)に行って今は○○大学(県内では難関とされる国公立)ですよ。 
高校では合唱部(全国大会常連の超強豪)でパートのサブリーダーでした」と言った途端 
女子どもの顔が凍りついた 
私の報告が終われば当然女子どもが報告する番になる 
言いにくそうに「高卒です」「短大です…」「◆◆大学(地元では知らない者はいない程のFラン)へ…」と 
説明する女子ども 
教科担当が「なんだ、喪田すごいじゃないか!」「××高校に行ったのは知ってたが○○大学とはなあ」 
「××高校の合唱部って有名だよな、そこのサブリーダーなら日本で二番目くらいに上手いって事だろう?」と
嬉しげに話しかけてくる中とにかく気まずそうな女子ども 
「(いじめられていてクラスに居場所が無かったから)勉強と部活くらいしかする事無かったですからねえ」と笑う私 
いじめているうちにいつの間にか置いていかれて目を逸らす女子ども 
地元は超の付く学歴社会が形成されてしまっているから、 
このご時世高卒やFラン大ではほぼ間違いなくまともな会社には入れない(履歴書で落とされる) 
事情があったのならまだしも、バカでまともな所に行けなかった事は知っているのでメシウマ以外の 
何物でもない 

ああ爽快だった 画鋲投げつけられながらも勉強してて良かった