とあるバス停で同時刻に到着するバスに乗務してました。
私のバスと後ろから来るバスはその先の交差点で別々の方向に行きます。


ババァが乗ってきたのでマイク使って「お客さんこのバスは○○行きです。△△行きは後ろのバスになります。」って言った。
そのババァは無視して着席した。
そして、交差点を左折したら案の定「ちょっと!!どこに行くの!」と大声を出して運転席に走ってきた。


私:「○○行きですが...」
婆:「△△に行かないの?」
私:「お客さん、私は△△行きは後ろのバスになりますとご案内いたしましたが、問いかけに応じませんでしたよね。」
婆:「・・・・」
私:「タクシーの営業所すぐそこにあるから、タクシーで追いかけたら?」
婆:「何でタクシーに乗らないといけないの?このバスで追いかけてよ!!」
私:「お客さん、ふざけたこと言わないでください。ご案内して無視したあなたが悪いのではないですか?運転手をバカにするのもいい加減にしてください。」
婆:「タクシー代もったいない!このバスで追いかけてよ!そうしないとあんたの一人くらいクビにすることぐらい簡単だわよ!!」
私:「どうぞご自由に。こちらに落ち度がありましたか?マイクでお客さん個人に問いかけてますが、無視したあなたが悪いのでは?」
婆:「もう降ろして!!ここでいいから」
私:「はい!!」

そのババァが降りた場所は、民家もない海岸線にあるバス停でもちろん次のバスまで
1時間以上待たないとならない場所でその後そのババァはどうなったかは知りません。