引いたのか悲しかったのか分からない話

付き合って割とすぐに合鍵をくれた彼
彼の部屋で私一人で留守番とかもよくさせてくれて
「なんか凄い信用されてるなぁ
でも、信用あってこその恋人関係だしそんなもんか」って思ってた



でもこの間、彼の部屋の給湯器が壊れた時
「丁度自分が帰る頃に終わるから」と業者を部屋に残したままデートに来た
別に業者の人が知り合いとか、昔なじみとかではない
彼は恋人だから特別私を信用したんじゃなく、そもそも部屋に他人がいようと別に平気だし
何かされるのでは、とかいう疑いは抱かない人間だった

私の心が汚れてるのか、彼の危機管理が甘いのか
どちらにしろ私の「信用されてる!」
はぬか喜びで少し悲しかった