「内輪だけでアットホームな披露宴」との前振りだけ聞いての参加だったけど

当日いってみたら、最初に司会者から二人の紹介があった後、一切の余興無し。
ただ音楽が流れてるなかご飯を黙々と食べるだけ。

3回ほど、新郎新婦が席を外して衣装を替えてくる程度。
新郎側の親族は遠方からやってきて、久々に会ったのか前半そこそこ盛り上がっていたけど
後半はさすがにネタ切れしたのか、ちょっと大人しくなっていた。
新婦側の親族は何故かお通夜のようにもくもくと食べるだけで、挨拶回りもほとんどなかった。
私が居たのは友人席だったけれど、お互い面識も無いし、微妙に席が遠く
何故か「男・女・男・女」の順番で配置されていて、隣にいる男性は大人しそうでしゃべりかけても返事も少なめ。
そして料理もショボくてひたすら飲むしか無いという感じだった。

本人はその後のメールで「私たちが招待しておいて余興をさせるっておかしいなって前から思ってたの。
だから、そういうことはせずに料理を楽しんでもらってお祝いして欲しいなと思って
あーいうアットホームな式になりました(はぁと)」と書いてあったけど…
アットホームってあーいう式なんだろうか…?
2時間の間、ひたすらもくもくと食べて飲むだけの式…微妙すぐる…