599 :
サムい披露宴話しを一つ。

面識が一切ない従姉妹(父の妹の娘)の披露宴に呼ばれ、両親はともかく??と思いながらも一応出席。
友人代表の挨拶で、高校時代のバスケ部のチームメイトが『実は私、新婦の○○さんにいじめられていました。…』とおっぱじめた。

親戚一同苦笑い。友人席は沈黙。新婦大泣き。新郎唖然。(ホントに口を開けっ放し)
結局は『色々ありましたが、心よりお祝いを申しあげます』で〆。
いじめていたヒトを披露宴に呼び、友人代表の挨拶をさせる従姉妹もイカレているが、おそらく人生最大の見せ場である披露宴で仕返しをしたそのヒトへ心の中で『GJ!!』と賞賛を送った。
従姉妹は式の終わりまで泣きっぱなし。
ビックリするくらいサムい披露宴だった。

601 :
>>599 の続き。

新婦の母(父の妹)は保険のセールスをやっていたが、私は無理矢理契約させられた。年がまだ若かったので丸め込まれたのだが、セールスを辞めた時違うヒトに引き継ぎ→私に連絡があるはず、なのだか一切連絡ナシ。
勿論契約解除。
従姉妹(自分の娘)が横浜でDTの松本にナンパされたのが自慢というDQN一家なので、溜飲が下がった瞬間だった。

600 :
いじめられるって本当に心に深い傷を負わせるものなんですね
やはり日頃の行いが大事だ

602 :
>>600 ホントそうですよ。
結局、従姉妹もそのヒトにしか頼めなかったんでしょうね。
後で聞いた話しですが、新婦側の友人席は一つ。新郎側はもっと呼びたかったが仕方なく二つにしたそうで。
やはり普段からの人間関係大事ですね。