857 :
受付で配るブライダル新聞(ふたりのなれそめ等がスポーツ紙の特ダネ風に書いてある)兼席次表の見出しに「新婦ちゃん切迫流産!」ってでかでかと書いてあった。 

本文の内容をよく読むと「新婦ちゃんは以前交際していた男性とデキ婚予定だったが流産により挙式中止」 
「改めて別の男性と交際半年→妊娠発覚→プロポーズ(挙式決定)→予定していた挙式直前に切迫流産をしかけて緊急入院(挙式中止か?)→流産阻止(挙式は延期に決定)」 
「無事誕生→本日挙式」 
「パパとママを結びつけたすばらしい赤ちゃん!」「ママにドレスを着せてあげていい子だよ!」 
とか書いてあった。 

見出し部分をみただけで親族は憤慨。会場のスタッフになんでこんなものを配るのか?とくってかかるが、ふたりが用意してきたものだから…とのことで為すすべは無い様子。 

本文まで読み込むと今回流産したわけではないのが、それにしてもなぜこんな新聞を作ったのか配ったのか…。 

858 :
脳みそに何か湧いちゃったとしか… 

859 :
どうせすぐ別れるろ 
まともな親族だったらそんな嫁と交流したくない 

860 :
本気で面白いと思って作ったんだろうね、その新聞・・・ 

861 :
すべてがヤバいが、 
>新婦ちゃんは以前交際していた男性とデキ婚予定だったが流産により挙式中止」 
なんでここまで書いちゃうのか。 
ホントに脳に虫でも湧いたとしか… 

869 :
ブライダル新聞は、まだ理解できる。披露宴までの空いた時間とかの暇潰しにできるし。 
だけど、流産とかは信じられない…流産って悲しいことでしょ、普通は。 
子どもが亡くなった、って理解してるのかな。なんか軽いよね。 

870 :
>>869 
>流産って悲しいことでしょ、普通は。 
不運を乗り越え結ばれたアタシ達のドラマティックな秘話!ってことでしょう。 

871 :
前回同様、危険な状態に→無事誕生 
二人の愛が(前回と違って)本物だから!! 

とか思っていそーだよなー。 

873 :
>>871な感じ。 
以前の妊娠でドレスを着るはずだったママ(新婦ちゃん)は流産したためドレスどころか結婚そのものがダメになった。 
そんな矢先今のパパ(新郎君)に出会い妊娠。 
一時危険な状態にはなったけど、さすがに私たちの子供ね。ママは無事にドレスを着ることが出来ました♪ 
最初の赤ちゃんは残念だったけど、やっぱりあの(ママを捨てるような)父親の子だからしようがないよね。 

みたいなことを書いてたよ。