当日は天気も良く、日中は暖かかった。でも、披露宴は夕方から。 
気温が下がり始め、日もくれ、イルミも点灯しました。きれいでした。 

「主会場」は室内でした。しかし、やはりガーデンに出るイベントをやりやがりました。 
「新郎新婦はテントの中で完全防寒、お客さんはきれいなイルミガーデンをお散歩ください、」っての。 
ここからは時系列に箇条書きで。 

1)イベントは事前根回しにより新郎新婦友人一同および両家両親の知るところとなっていた。 
2)新郎友人=私旦那含む体育会系多し、新婦友人=私含む体育会系多し 
3)新郎新婦両親そのイベントの暴挙を止めるが全然聞き入れられず、そこに私たちがDQN返しを提案、許可を得る。 
4)両家両親、会場にいろいろと確認。もちろん会場にいる知り合いからも会場に根回ししてもらった。 
5)当日、そのイベントまでは何事もなく進行した。その後イベントの時間になり、作戦決行のためまずは新郎新婦友人がささっと退場。 
6)新郎両親が司会に呼ばれ、お父さんのほうが「ご希望の方だけお庭でお散歩でもお楽しみください」とアナウンス、扉をあけると 
  そこには新郎新婦のテントの撤収作業終了した新郎友人、立食パーティー風テーブル撤収終了した新婦友人たち。 
  両家両親が料理とかを事前にストップしていたため、テーブル等が少し並べられていただけだったので撤収はかなり楽だった。 
7)開けられたドアから何事もなかったように入ってくる友人一同。新婦多少ふぁびょるも私が「そのまま一人だけでお散歩にどうぞ、 
  誰も出たがらないよ」で意気消沈。(実際は子供が何人か出たみたいだけどすぐに震えながら帰ってきてた) 
8)ほかの招待客には特に混乱もなく、何が起こったのかは分からなかった模様。その後はつつがなく終了。 
9)2次会が始まるや否や、件の友人一同が新郎新婦を取り囲み、約30分間説教大会。 

最初からテーブル等並べていないと計画がばれる&会場にクレーム出す、ということで、開演まではいかにもお外で歓談します風に 
テーブル等を置いてもらっていたことなどが両家両親、友人一同、会場友人すべてが一体となったDQN返し。ほかの人にばれ 
なくて良かった。 
特に新婦両親がその言い出したら聞かない性格を逆利用して「ガーデンを完全中止にしなかった」ところがみんなのGJをもらっていた。 
ちなみにガーデン撤収部隊は男女合わせて6人。体育会系なめんなwという速さで撤収してやった。