589 :
二次会だし大したことでもないんだけど取引先の女性の結婚式。 

ナイトウエディングだったので、本人達は二次会をするつもりがなかったが 
体育会系の新婦会社が主催で二次会をやることになった。 
新婦と仕事上関係のある下請け会社にもれなく招待がかかって 
各社、最低1人は派遣することになった。 

9時開始の二次会にはもう義理で来ました感満載の営業マンがずらりと並んでた。 
みんな祝い事にケチをつけないよう、粗相のないように振る舞っていたのだが 
下請け業者よりも主催の会社関係者(新婦同僚)の義理で来てます感が寒かった。 
仕事用黒スーツとかパンツスーツにひっつめ髪など、もう明らかに仕事の延長で 
主催者側だから裏方として働いてるならその格好もわからなくはないけど 
普通に会場の真ん中で飲み食いしてビンゴを楽しんでた。 

新郎新婦の友達も来てたけどノリが体育会系だから主催者と面識のないの友人達は盛り上がれず 
なんだか寒い二次会だった。 
そして最後、義理で来てた下請けには会費の領収書が発行された。 

新婦の上司で披露宴から出席してた女性は一流ホテルだったのに爪先露出のサンダルに 
一連パールのネックレスだったのもなんだかなーと思ってしまった。 

披露宴なら仕事関係の義務感たっぷりな人がいるのもよくある話しだけど 
なぜ二次会でこんな雰囲気にと思うと新郎新婦が可哀想だった。