実録修羅場まとめ


カテゴリ: 修羅場

俺直接関係ないけど
登場人物みんな二十歳学生

俺の知り合いにA子って女の子がいて、その子がまあ可愛いんだわ。佐々木希とベッキーと
スザンヌ足して甘さを引いた感じの美人。無口で人見知りなんで、最初は気取った感じ?
とか思ったけど仲良くなると気さくで趣味も幅広くて良い奴。ただ何というか気さく過ぎて
顔が可愛いから男は沢山寄っていくんだけど、仲良くなるとノリが近過ぎて恋愛対象から
外れる、みたいな感じで長いこと彼氏がいなかった。
【可愛い子に嫌がらせする男】の続きを読む

兄貴の起業で修羅ばった

兄貴には同い年でよく遊ぶ友人が5人ほどいた
よく家にきて遊んでいたので俺もよく知っていた
その中の一人が大学卒業後会社を起こした
しばらくするとその会社に他の友人たちが入社した
兄貴も誘われたらしいが断ったらしい
会社は全然儲からなく給料もまともに出せないときもあったが
数年前からエコ関係のブームに乗り一気に急成長した
現在ではその会社はその地域でも有名な会社になった 【兄が起業】の続きを読む

ちょっと仲良くなった人にテーマパークへ誘われた。
いいなと思ってたのでこのまま仲良くなってお付き合い?とか思ってた。
でも並んでるときとかに、ほかのカップルの採点とかする。
失礼だしあまり気分よくないからやめようよと言った。
「なんで、お前お方がランク上って思ってるよ」
と的外れな返事ばっかり。
彼のスタンスは「他と比べてほめてあげてるのになんで嫌がるの?」だった。
帰りの車の中で告白されたけどお断りした。
すると、「断るなら家に帰してあーげない」と言われ山の中へ。
デートコース定番おドライブウェイだったけど山の中置き去りとかは洒落にならなかった。
【山に置き去り】の続きを読む

私の実家は都心の一戸建てで古いけど結構大きい。
私が子供の頃に両親が頑張って新築した家で、
専業主婦の母がずっと頑管理していた。
母はなんというか程よい人で、本物の「専業主婦」。
だからその家も本当に住み易く、又立地の良さからも
兄家族や私家族、親戚ももちょいちょい遊びにきていた。

やがて父が亡くなった。母はまだ還暦そこそこだったけど、
その頃から衰えが目立つようになってきた。目や耳、物忘れ、言葉。
どれもたいした事は無いんだけど、今後を考えると心配だった。
この大きな一戸建てに一人で住んで管理していくのは大変だろう。
本人と話すと、やはり負担に感じていたようだった。
残念ながら私家族も兄家族も他に家を構えてしまっている。
かくなるうえは、家を売って住み替えか。そんな相談を兄にすると
兄&兄嫁、猛反対。「実家は実家としてそこに残すべき!」という。
【実家に兄夫婦が住むことに】の続きを読む

修羅場を乗り越えて幸せを掴みとった元同僚A子の話を投下

a営業所勤務のA子は同僚の営業B男と不倫してたがB男は隣の地区のb営業所に転勤と同時に離婚
この辺は省きます

晴れて独身同士になってご機嫌なA子
「彼氏できたんだ私子ちゃん料理の本沢山持ってるんだよね今度貸してね」などと言ってくる
周りは知ってるのに本人達はバレてるとは夢にも思ってない状態だったので
周りは呆れつつも暗黙の了解で黙っていました
そしてこのままほとぼりがさめた頃に略奪婚成立と思われてた頃に事件発覚
【電撃結婚された女の話】の続きを読む

うちの3軒隣に少し変わったおばさんが住んでいて、
姉の結婚が決まった頃から度々家にやってきては玄関先でネチネチと母を責めていた。
本当ならお宅の娘はうちの長男君と結婚するはずだったのに
よそ者に嫁がせるなんて恥知らずよ、もっと地域貢献を考えないと云々。
(田舎なので地元の若者は地元の人と結婚すべきという風潮がまだ残る)
姉とおばさんの長男は交際していた事実もなく、むしろ何度もキッパリ断っていた。
一度だけ姉夫とおばさんが遭遇した時も姉夫へねちっこく文句。
あまりにもひどいので町会長さんの手を借りて厳重注意してもらい一度は鎮静化した。 【うちと結婚するはずだったのに】の続きを読む

昔、引越しした先にDQカップルがいた。 

下見もし、駅から徒歩5分かかるかかからないか、特急は止まらないけど、
準急は止まる、近くにもスーパーがあり、建物も古いが、家賃は安めだしOK
と思っていたら、引っ越して3日目ぐらいに、いかにもなバイクの音。

ヤンキーDQカップルがすんでいたようで、しかも、どうやら珍走団のヘッドだった
らしく(大声で外で話していたので聞こえてきた)ほどほどの台数の音。

外の駐車場で花火をやって近所にパトカー呼ばれて叫びながら連行されたり、
常にそんな感じで、まぁ、安いには本当に理由があったなぁ、と思いながら
すんでいました。 【暴走族カップル】の続きを読む

ン十数年前、私 当時6才、姉8才、父、母でイモ掘りに行った。
とっても楽しくって座ってウキウキでイモ掘ってたら、少し離れたとこから母と姉が
「ゆっちゃん!!(私の呼び名)後ろ~!!後ろ~!!」と叫んだ。
ドリフのコント(志村!後ろ~)かと思ったが母の顔がマジだったので
立って後ろ向いたが何もない。
「下~!後ろの下~!」とまた叫ばれて股の間から覗いたら
でかいマムシがシャァァーーー!!!って牙むいて威嚇してた。
【マムシ】の続きを読む

私香 私
親戚美 遠縁で親友の子
糞男 親戚美の初彼氏

私と親戚美は父方の遠縁で子供時代から仲が良く、当時同じ高校に通っていた。
クラスも1つ隣なだけだったから、よくお互いのクラスを行き来して
お互いの友達も交えて遊んでいた。
私も親戚美もグループ内にちょっといい感じになっている男子がいて、このまま
そいつらとくっつくのかなーみたいな青春をしていたw
【既婚者子持ちだった】の続きを読む

大学生の頃の話。
下系&凄く汚い話なので嫌いな人はスルーしてね。

夏場のある日、刺身食べたら食中毒にかかってしまった。
下痢と吐き気が凄くて、学校を休んで一人暮らしの部屋でうんうん唸ってたら急に便意が。
慌ててトイレに駆け込み、スウェットのズボンとパンツを下ろして便座に座ろうと中腰になった。

その瞬間、それまではあまり感じていなかった吐き気がいきなりMAXに。
我慢する間もなくトイレの床に思いっきりゲロをぶちまけてしまった。 【きれいなままの便器】の続きを読む

このページのトップヘ