実録修羅場まとめ


カテゴリ: 修羅場

数日前の結婚式、新郎が来なかった。 
新郎家族も欠席。親戚は来てたけど、オロオロするばかり。 
で、新婦は控室から出てこず、新婦家族が急遽食事会にして、終了した。 
会場はとにかく、事故かわざとかで、ザワザワ。 
新郎親戚達も謝罪しにまわってきたけど、やはり事情が分からずモヤモヤしたまま解散した。 

【結婚式、新郎が来なかった】の続きを読む

私が父にしたDQN返しです。 

父はエネ、不倫、DV、モラハラ、過干渉と揃っていて、パチンカスとサイマーでないのだけが救いのような人。 
母は私が小学生のときに、医者に「一生残るかも知れない」と言われた傷を 
顔に負ったのがきっかけとなってエネme脱却、 
「今は連れていけないが、必ず迎えに来る」と言って身一つで出て行った。

【母は私が小学生のとき】の続きを読む

ワンルームマンションに住んでたころ 
隣に単身赴任らしきオッサンが引っ越してきた 

暫くすると女性も入り浸るようになり 
奥さんがお世話に来てるんだなーって普通に思ってた 

ある夏の夕方、女性同士のケンカの声と子供の泣き声が 隣から聞こえてきた 聞き耳立ててると どうやら入り浸ってたのは不倫相手の女性で 単身赴任先の旦那の所に奥さん子供が突然遊びに来たらしい (その時旦那は不在) 5分も経たない内に不倫相手の女性が逃げていって 子供の泣き声のみになった ちょっと出かける予定があったので 隣の家のドアの前を通ったら中が見えた (夏なのでドアが開いてた) 

【隣に単身赴任らしきオッサン】の続きを読む

ウト死んで、生活が不安になったトメから同居要請された。 
「私は人とうまくやっていけるタイプだし、大丈夫よー」とか言われたので 
「いや、無理です。そもそも他人が一緒に暮らすのは難しいし、 
ましてや良く思っていない相手同士では」と断ったら、 
トメ、「良く思ってないって…私のこと嫌いなのっ?」とショックを受けていた。 


【トメ「私のこと嫌いなのっ?」】の続きを読む

良トメが結婚したら私実家限定で糞泥トメに変貌した 

フェイクありですが一応前提として、ウトは鬼籍で二人は駆け落ちして親戚とは絶縁状態 
そのため旦那は親戚付き合いや帰省というものを知識としては知っていても実際にしたことがない 
私両親はこれから覚えていけばいいからーと何も気にせず結婚を承諾 
今は旦那の仕事の都合で新幹線の距離に住んでいるが、両実家は電車で10分もかからない近距離 
ウトは旦那が小学校低学年の頃に他界して 
それからはトメ一人で働きながら旦那を育てて大学まで卒業させた 
現在も今の仕事を続けてそれなりの給料を貰っているし 
旦那の仕送りも自ら拒否するなどトメの経済事情はそこまで悪くない


【良トメが結婚した途端豹変】の続きを読む

定期的にある席替えで、運命のいたずらか、クラスで悪名高いいじめっ子グループの塊に囲まれる形になってしまった。 
当然それからは、いじめられっ子のタゲは私。 
シカト、謂れのない悪口(アバズレとかそんなの)、物を隠される、授業中に後ろの席の子に椅子を蹴られる、お母さんが作ってくれたお弁当に消しカスを「ふりかけだよ♪」とぶっかけられる・・・ 
まあ、低レベルかつセオリー通りな虐めを続けられてた。 


【いじめられっ子のタゲは私】の続きを読む

マンション隣に騒音DQN女(見た目は普通のOL)が住んでいるんだが、管理会社に言っても直接注意しても逆ギレする女だった 
感情の起伏が激しく、すれ違う時に「しね!」と八つ当たりされた事もあった 
女はしょっちゅう男1を連れて来ていて、腕を組んでイチャイチャする姿をよく見ていた。
夜も激しいギシアン。

【マンション隣に騒音DQN女】の続きを読む

俺の人格形成に悪い意味で多大な影響を与えたメンヘラ教師に 
10年越しの恨みを晴らしてやった。 

まず「藤原探偵事務所」とかのどこにでもありそうな架空の探偵事務所の 
封筒(A4サイズ)を偽造し、報告書在中と書いて、 
それを直接メンヘラ教師宅の目につくところに置いた。レジ台の上。 

【メンヘラ教師に10年越しの復讐】の続きを読む

友達が友達を川に突き落とそうという現場に遭遇したのがたぶん最大の修羅場。 

まず前提として 
俺はAとは中学・高校が同じ。Bとは高校が同じで中学のとき部活の練習試合で仲良くなった。 
AとBは小学校・高校が同じ。 

【橋から突き落とそうとしている】の続きを読む

友達が友達を川に突き落とそうという現場に遭遇したのがたぶん最大の修羅場。 

まず前提として 
俺はAとは中学・高校が同じ。Bとは高校が同じで中学のとき部活の練習試合で仲良くなった。 
AとBは小学校・高校が同じ。 

【橋から突き落とそうとしている】の続きを読む

このページのトップヘ