実録修羅場まとめ


カテゴリ: 修羅場

男尊女卑のDVモラハラウトからトメ脱出させた。 
実家も身内もいないトメは行く宛は息子夫婦の所、どうせすぐに戻ってくると高を括ってたウト。 
ウトの予想通り、トメの荷物は全てうちへ。 
そして、以前ウトに書かせた離婚届を提出して、一緒に飛行機の距離へ引っ越した。  【離婚届を提出】の続きを読む

料理屋の跡取り候補の1人だった私は、数えの6歳から板場に混じって料理を教わって育った 
私が夕食の支度を始めると、別世帯のメシマズクソトメがやってきて 
「味見してやる」 
「食ってやってもいいけど?」 
と上から目線且つ卑しさ丸出しで台所をチョロチョロするのが常
【味見してやってもいいけど?】の続きを読む

小学生(1,2年)の頃の話。 
お昼ご飯にグラタンを食べることになり、冷凍のグラタンをトースターで焼いていた。 
しばらくするとグラタンが焼けたので、父がテーブルまで運んでくれていたのだが 
そのとき父は素手(指)だけで運ぶという始末・・・。  【アツアツのグラタン】の続きを読む

長年の付き合いのうちに、いつの間にか奴隷にされていることに気付いた時が修羅場。 

「どこでもいいよ」といいつつ、店を決めようとするとあれこれいう彼女に合わせ、 
特徴を添えて和食ならAかBかC、イタリアンならDかEかF、カフェなら…と分野別に 
何件かづつをリストアップ。 
彼女が提案してくることはなく、私が挙げる店を自分の気分に合わせて選ぶ。 
で、やりとり毎にコロコロ変わる彼女の意見にすべて応える。 
お店では、色々食べたい二人だからシェアなのはいいとしても、 
私が嫌いで彼女の好きなものは頼むけど、逆は却下。 
会計は、私がご馳走するか、割り勘でも端数のみもらうだけ。 
【いつの間にか奴隷】の続きを読む

去年の話なんですけど文章がまとまり次第順次投下します 
俺 
A子 俺彼女 
浮男 A子の浮気相手 
友人数人 

A子と付き合って二年、同棲はじめて半年くらいのころです 
俺は平日仕事で日曜日休み、逆にA子はシフト制のパートで日曜日が忙しく、平日が休みなので中々休みがあわなかった 
それでも同棲してるから俺は気にしてなかった 
ある日A子から仕事中にメールが来た 
「さびしいぞ~浮気しちゃうぞ(はぁと)つかれたー」 
普段からふざけた内容のメールを送りあってた仲なので「疲れたならゆっくり休みなよ」と返してその時は気にもとめてなかった 【A子からのメール】の続きを読む

7年前、弟が12、3歳くらいの時に親の通帳から40万引き出して使い込み。 
理由は「カード、飲食物に使った(本人談)」らしい。 
幼稚園の頃から人のお菓子とか小銭とか盗むヤツだったので、それが更に 
大事になったって感じ。 
なので、私は親に弟を精神科に連れて行くように主張したが、 
弟かわいそうの一点張りで拒否。 
【親の通帳から】の続きを読む

とある関東の荒れた地区のお話 

普段から荒れた児童が人を階段や駅のホームから突き落とすとか 
親がカッター持って学校に怒鳴り込んでそのまま先生の腹に刺すとか 
先生は腹に画鋲を散りばめた漫画雑誌を入れて防御とか 
それでもまだ死人が出てないだけ公立よりマシと皆口を揃えて言うとか 
そんな毎日が荒れまくり・毎日が修羅場な小学校だけど 
先日はとうとう教頭が盗撮現行犯?で警察にお持ち帰りされたそうな  【盗撮現行犯で警察に】の続きを読む

修羅場に巻き込まれた話?

私:22歳社会人 
彼:24歳社会人、私と付き合って1年半 
兄:私の兄、25歳社会人 
綾:兄が付き合い始めたばかりの彼女、22歳大学生 

私と兄は、両親が不仲なせいか一番身近な家族でわりと仲良し兄妹だった。 
二人で飲みに行ったり、たまにお互いの彼氏彼女と遊びに行ったりもしてた。 
先日、兄から「久々に飲みに行こう」と誘われて私・彼・兄の3人で居酒屋へ行った。  【テーブルの横に見知らぬ女】の続きを読む

世間知らずのおっさんと2chに浸かりきった奴は、 
バツイチ女は人生終了=離婚届は嫁を平伏させる最強の切り札とと信じてるからなあ。 
嫁が不倫や借金でで離婚したならともかくそれなりの事情があったら、 
バツイチでも誰も文句も陰口も言わんのにな。  【姉が嫁いびりと夫の浮気で離婚】の続きを読む

恋人にプロポーズされてそれを受け義実家に挨拶に行ったところ 
姑に片親育ちの女との結婚なんて許さない、子供がいるのに簡単に 
離婚するような親に育てられた子供も信用できないとかなりきつい口調で言われ 
当時は私も若かったので苦労して育ててくれた母のことまで言われて頭に血が上り 
それなら認めてくれなくても結構ですと喧嘩を買う形になってしまった 
彼は出来れば実家とも仲良くしてほしいと言っていたけど、最終的に自分を選んで 
実家とは縁を切ってくれた 
【うちの家族はバラバラになった】の続きを読む

このページのトップヘ