実録修羅場まとめ


カテゴリ: 修羅場

私は20代半ば女で1人暮らしをしている 
部屋はマンションの3階 
最近寝るときは、下着+ヒートテック上下 
(そうすれば出勤するときに着る服を着るだけでよい、というずぼらで怠惰な理由) 
いつもはカーテンを閉めて寝ているんだが、昨夜はカーテンを開けておけば朝日で起きられるかな、とカーテンを開けたままベランダに続く窓の前に布団を敷いて寝た 
【怠惰な格好で寝てたら】の続きを読む

友人?夫婦になぜか粘着された修羅場。 

20代前半の頃、私とA男は付き合っていた。 
その後別れ、A男は私の元同級生でもあるB子と結婚。 
ほぼ同時期に私は今の夫と結婚した。 

ちなみに私とB子とではあらゆるスペックでB子の方が上。 
顔、スタイル、学歴、年収、家事の腕、マメさ、何ひとつかなうところがないのでそもそも張りあう気すらない。 
あのB子と結婚するなんてA男スゲー、と驚いたほど。 
【粘着された】の続きを読む

数年前、旦那が仕事のトラブルから取引先の社長宅に3日間軟禁された。 

旦那の仕事は、別に胡散臭いとかそういうものではなく、ごく普通の会社で 
売っているのも非常に普通で、ある業種の人たちには欠かせない製品。 
取引先によってはオプションをつけたりということもしている。 

軟禁された日は、納品した商品が気に入らないと、取引先から 
営業を担当していた旦那が呼び出されたらしい。 
事情説明のためにすっとんでいった旦那に、その会社の社長は 
設計からやり直せ!と言われて、ノートPCでひたすら設計からやらされることに。 
【3日間軟禁された】の続きを読む

私は26歳の独身男、遠方に住む姉夫婦が昨年待望の第1子を授かったが、暇が出来れば何時でも顔を見に(顔を見せに)おいでと言われていた。 
最近まで私自身が忙しかったのと、姉夫婦も大変だろうと出産後にすぐお祝いの電話と品だけを送って済ませていたのだが、4月5日に有休がとれることになったので、その旨を姉夫婦に伝え一泊二日で遊びに行くことにした。 
ここまでが前提。 
【子どもを連れて行けついで】の続きを読む

わたしは20台前半で一回り年上の旦那と出会いました。(既に離婚済みで元旦那ですが、旦那と表現します) 

出会って半年ほどで交際をはじめ、さらに半年後で結婚を前提にしてもらえないかと簡単なプロポーズをうけ、4歳の息子がいる事を打ち明けられました。 
「妻とは死別で、息子はほとんど覚えていない。実は生まれは田舎だが、思い出すのが辛く、両親をつれて上京し、今では息子を見てもらいながら四人で生活している。」 
と言われました。そこから息子にも会うようになり、そのさらに半年後、つまり付き合って一年で同居の形で結婚しました。 
私には両親がなく、兄弟もないので、誰にも反対はされませんでした。 
【亡くなった前妻の連れ子】の続きを読む

地味に怖かった修羅場 

去年の正月明けごろに越してきたお向かいさんの、奥さんと仲良くなった。 

お向かいの旦那さんのことは話題に出さないでほしいと言われたときは
「なんじゃそりゃ」と思ったけど、取り敢えずいい人に違いはないから
嫌な話題は出さないでというお願いのようなもんだと思って詮索はしなかった。 
【旦那さんの話を少し振ると】の続きを読む

一人暮らししてる兄から、仕事が忙しくて汚部屋で死ぬとSOSが来たんで 
当時学生で暇だった私が、2泊くらいで恩を売りに行ったら 
兄の彼女に浮気相手と思われて、初対面でバッグで殴られて 
金具で耳と頭皮がザックリ切れて救急車を呼ぶはめになった
【兄の彼女に浮気相手と思われて】の続きを読む

当方学生で、学校のない平日は朝からコンビニでバイトしてます(7時~12時) 
先日の平日8時ごろで出勤登校のラッシュ時間のことです 
店内に客がいっぱいになりレジだけで大忙しの状態 
いかにもギャルな感じの女性がお握りを4つとペットボトル飲料を2本買って、 
それぞれ2個と1本ずつ2つの袋に分けるようにとのこと 
別に珍しくはないので応じると、片方をレジカウンターの影に隠れるほど 
小さい子供(4歳くらい?)に渡して「じゃあママ行くね」と退店、子供置き去り  【子供を置き去り】の続きを読む

・短大生の頃、スーパーで買い物中に店内を走っていた女の子とぶつかる 
・ぶつかった女の子、ひっくり返って泣き出す。 
・俺、女の子を起こしてやって「危ないよ。気をつけようね」みたいな事をいう。 
・女の子は素直にと謝ったけど、母親が駆け寄ってきて「この変質者!」とキャベツぶつけてきた 
・母親、こちらの話を一切聞かず人を変質者扱い。野次馬が出来、警官も来た 
・女の子が自分が悪いと言ってくれて誤解は解けるが、母親は女の子をビンタ
【ぶつかって転んだ女の子】の続きを読む

夫は一人っ子で両親は鬼籍。義実家で夫の祖母が一人暮らしをしていた時の話。 

仕事のため祖母と離れて住んでいた私たちは 
祖母に変わったことがないか、週一のペースで様子を見に行っていた。 
そして話は変わりますが… 
祖母の甥(弟の息子)は遠距離他県で成長・結婚していた。 
祖母と甥夫婦はお互い年賀状も何の連絡もとっていなかった。 
【嫌な予感】の続きを読む

このページのトップヘ