実録修羅場まとめ


カテゴリ: 修羅場

痴漢の現行犯ではなく、婦女暴行の現行犯逮捕に立ち会った時の話。 
以前住んでいたアパートでの出来事。その日は久しぶりに仕事が早く終わり夜の10時位に駅を降りて、公園沿いを通りかかった時、女性の悲鳴が聞こえた。傍にいた若いカップルも確かに悲鳴が聞こえたと言った。 
夜とはいえ、人の往来が途切れることのない時間帯なのでありえねー、と思ったが、ホントに事件だったらマジヤバッ!こんな時に限って、携帯電話が活動限界!予備もありません! 
で、カップルに「何かあったら、通報してくださいね」と頼んで声のする方へ向かった。  【公園のWCから悲鳴】の続きを読む

プリに復讐するためプリの会社に電話した。 
○○○○○(プリの本名)が私の夫と浮気をしているので話し合いがしたい、と担当部所の方に言ったら、 
「当社では恋愛は個人に任せてるますから、当社は関与しません。貴方、営業妨害で警察に届けますよ。」 
と言われorz 
プリ、先手を打ってたらしい。 

プリへの怒りがおさまらない。 
プリ、まじで死んで。
【営業妨害で警察に届けますよ】の続きを読む

先週、友達と前から計画してたBBQをやった。 
女ばかりなんだけどこれでもかってくらい肉もお菓子も用意した。 
それと私のアパートがBBQの場所のすぐ近くで、アイスや肉なんかもそこで冷やしてた。 
そしてやっぱり夏休みなので家族連れが多くて、予約した場所のすぐ隣でも小学生くらいの子供を連れたママたちがBBQの用意をしてた。  【お肉分けてください】の続きを読む

私は直接被害を受けていないけど、近所のキチママが酷いことになってたので投下 

そのキチママ(仮にAとします)は同じマンションに住む元ママ友でした 
このAは事あるごとに他人を見下します 
例えば、あなたたち専業主婦は奴隷のようで可哀想(Aも専業主婦ですが)私は家事をすべて旦那にやらせてる(旦那さんは主夫ではなくお仕事されています) 
私は育児に専念できるので娘ちゃんに愛をいっぱい与えてあげられる、あなたたちにはそれが出来なくて可哀想(余計なお世話だ) 
女はお洒落を諦めたら駄目(わざわざ公園に来るのにブランド品を身につけてくる)あなたたちは女として終わっている 
親が娘に服を買って送ってくるがリサイクルに回してる 
こんな調子で見下してくるのでCOしました  【近所のキチママにネグレクトの噂】の続きを読む

旦那の休みが取れて、前から孫が見たいから来い来い言われていた 
遠距離の義実家に泊まりの予定で(一応2泊)来た。 
自分の方が長距離運転平気なので、私の車で。 
妊娠出産あたりで一悶着あったので私からは歩み寄る気はないのだが、 
普段会えないのだから孫を弄りたいだろうなと思い、泣かない限りは 
向こう主導で遊ばせていた。 
旦那がちょっと仮眠をとっているとき(帰省直前まで激務)、風呂を勧め 
られ、短時間で風呂からあがったらさ。 

子供(2歳ちょうど)の髪、坊主にする途中だった。 
【丸坊主にされそうになった】の続きを読む

クレクレに遭いました。 
私と旦那は同い年で結婚。回りのはパパの方がママより年上なことが多いので、旦那はかなり若いという印象。見た目は眼鏡天パで十人並み。 
子どもの習い事が一緒のママ(A)に、以前「私さんの旦那さんって若いけど、大人しいだけで、優しさだけが取り柄って感じ」と言われた。 
親しき仲にもって言うし、冗談でも人の旦那を貶めるなんて許せなかった。 
【旦那の外見】の続きを読む

常連さんに優しそうなおじいさんがいるんだけど、去年のクリスマス、奥さんと二人でお孫さんのプレゼントにと読み聞かせが出来る絵本を買って行った 
すると次の日、その本を返品しに若い女性と、泣いて嫌がる子供が来た 
半分ヒスっていたので意味不明だったが、詰まるところ 
「昨日、うちの舅たちが買って行ったが、こんな本を家に置いて毎日のように来る魂胆見え見え。目障りだから返品したい」 
と言う内容だった  【目障りだから返品したい】の続きを読む

大学生時代、観光ホテルで宴会と結婚式のスタッフバイトをしていた。 

とある日曜日、セッティングが終わり時間もあるのでみんなで社食へお昼を食べに。 
普通の日曜なら1日3会場3回転が普通でご飯など食べられないのが普通だが、 
その日は仏滅・しかも土砂降り、仏滅婚オッケーな一組だけの結婚式 
なにか起こっちゃうかもね~と笑いながらご飯食べてたら社食の厨房からけたたましい悲鳴共に破壊音… 
【掃除のおじさんが斧振り回してた】の続きを読む

あぶく銭入って、嫁と二人で住むための家の建築に着手。 
嫁と嫁母、俺、俺母で会議の上、嫁と俺と俺母同居。 
嫁母はもうちょっと弱ったら合流って話になった。 
そんなとき、絶縁している姉が、俺母通じて設計士に接触、家主の俺の許可は得たから、と 
2階部分の部屋をすべて設計し直させて姉仕様にさせていた。 
母が「自分の家」だと言ったかららしい。 
「娘のあたしも権利ある、むしろお前邪魔出ていけ」と現住居の玄関先で言われ俺切れる。 
思わずあげかけた手を嫁に捕まれた。  【むしろお前邪魔】の続きを読む

このページのトップヘ